安芸郡熊野町のマンホール

広島県安芸郡熊野町のデザインマンホール。「筆の都」として知られる熊野のマンホール蓋やはやり、筆をモチーフとしたデザインになっています。

広島県安芸郡熊野町のデザインマンホール。

熊野、といえば「筆の都」。熊野筆は毛筆・画筆・化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めると言われるほどで、町のいたるところに筆をモチーフにしたオブジェや看板があります。

安芸郡熊野町のマンホール

そんな熊野のマンホール蓋は、やはり「筆」が描かれているデザイン。

真ん中には熊野町の町章が入っていて、「マ」の字を9つ重ねて「クマ」としたシンプルで分かりやすいマーク。

町のイメージキャラクターも筆をモチーフにした「ふでりん」で、筆の博物館「筆の里工房」もあり。書道だけでなくお化粧や絵でも使われる熊野筆は広島の代表的な産業の一つとして知られており、積極的にPRもおこなわれています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 安芸郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP