映画「シンゴジラ」現代の日本が舞台、イオンモール広島府中にゴジラ登場も

ゴジラ史上最大スケールで描かれる「シン・ゴジラ」の巨大フィギュアが、イオンモール広島府中に登場。SNSキャンペーンでオリジナルグッズプレゼントも。

映画「シン・ゴジラ」が2016年7月29日より全国公開となります。シンゴジラは、「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親 庵野秀明監督が脚本・総監督で、現代の日本を舞台に描く物語。

シン・ゴジラ ポスター

第一作の「ゴジラ」が1954年に公開されてから約60年。ハリウッドでリメイクもされた事でも話題になりました。今作「シン・ゴジラ」は、前作から12年ぶりとなる完全新作のオリジナル脚本となります。

アニメーションで社会現象を引き起こす数々の大ヒットをとばしてきた庵野氏がタッグを組むのは、「ガメラ 大怪獣空中決戦」で特撮監督を担当し、「日本沈没」「進撃の巨人」の監督を務めた樋口真嗣氏。今作では監督と特撮監督を兼務しています。

ゴジラ史上最大サイズとなる、体長118.5mのゴジラが現代日本を襲撃。そのとき、日本人はどう立ち向かうのか?圧倒的映像技術と豪華キャストで描き出します。

出演者は、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、大杉漣、柄本明、高良健吾、余貴美子、國村隼、市川実日子、ピエール瀧、斎藤工、小出恵介、古田新太、前田敦子など総勢328人。

ads

シンゴジラ 予告編

以下は「シン・ゴジラ」予告動画。


長谷川博己・石原さとみが巨大生物と戦う…というシチュエーションは「進撃の巨人」を思い起こさせるところも。現代日本を舞台に、庵野秀明監督が描くゴジラの世界に期待です。

シン・ゴジラ / (C)2016 TOHO CO.,LTD.

広島に「ゴジラ」現る

映画「シン・ゴジラ」の巨大フィギュアが、イオンモール広島府中(広島県安芸郡)にやってきます。

ゴジラ 襲来、イオンモール広島府中に現る
※写真は映画のワンシーン

ゴジラの巨大フィギュアがやってくるのは、2016年7月15日~18日までの4日間。イオンモール広島府中の1階フードコート&レストラン街・ROJI Diningの中にあるステージ「ROJIのおと」に、映画に出てくるゴジラの1/60サイズのフィギュアが展示される。

また、これを写真に撮り「#シンゴジラなう」とハッシュタグをつけて、ツイッターやフェイスブックに写真を投稿すると、抽選でオリジナルグッズがプレゼントされるとのこと。(ゴジラ公式アカウントのフォロー又は「いいね!」をすることも応募条件に含まれる)

ads


あわせて読みたい

edit 『 安芸郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP