千貫水(せんがんすい)県北・安芸高田市の名水スポット

千貫水(せんがんすい)は、広島県安芸高田市甲田町の湧き水。水質調査では「お茶やコーヒー・料理など万能」で、軟水の名水となっています。

広島県安芸高田市甲田町、国道54号線沿いにある湧き水スポット「千貫水(せんがんすい)」。

安芸高田市の湧き水 千貫水(せんがんすい)、乾いたドライバーに潤い

道路沿いに専用駐車場があり、大きな看板があるためよく目立ちます。

安芸高田市 千貫水 駐車場

看板の横に小さな小屋があり、ここに水があるのかと勘違いしそうですが、駐車場の隅から川へと下っていく階段があり、降りて行ったところに「千貫水」の水汲み場があります。

ads

きれいに整備された湧き水スポット千貫水、ドライブ休憩や料理・コーヒーにも

以下の動画は、このスポットの様子。

Youtubeチャンネル


手すりのついた石段を下っていくと、石灯籠や石碑が置かれたそばに水汲み場が。湧き出る水を汲みやすいように蛇口が取り付けられ、ここから水がとめどなく流れていく。

安芸高田市 千貫水 湧き水スポットへ

安芸高田市 千貫水 湧き出てきているところ

溢れたその水は、このそばを流れる川へと流れていきます。

安芸高田市 千貫水 川へと注ぐ

小さな竹やぶになっており、風に揺れる葉の音がさわやかで気持ちよく、影にもなっているので夏場でも涼しそうです。

安芸高田市 千貫水 全体俯瞰写真

冷たい水が、ライダーやドライバーの渇きもそっと癒してくれます。

安芸高田市 千貫水 湧き出てきているところ2

千貫水(せんがんすい)という名前の由来は、現地の説明書きによると

室町時代甲立庄の領主に命ぜられた宍戸朝家がこの山に城を築いたが、水が出なかったためこの白の五か所に竜王を祭って勧請したところ、忽然として水が湧き出したといいます。
代々の領主がこの水を愛し、その中でも宍戸隆家(八代目)は「値千貫も、換え難し(貫=当時の通貨の単位)」と称賛したとか。
これが「千貫水」命名の由来と言われている

とのこと。

この辺りではよく知られた湧き水スポットのため、料理やコーヒーなどに使うために水を汲みにくる方も多いようです。

水質調査の証明書なども掲示されていますが、ここを管理する「千貫水保存継承の会」や「安芸高田市商工観光課」は自然湧水で年に1度検査をしているが自己責任において利用してほしい とのこと。

安芸高田市 千貫水 湧き水スポットへ2

また、看板の横では利用者数の調査結果が公開されています。調査協力のため、水を汲みに来た方は小屋にも立ち寄ってみてください。集計によると、県外からの利用者も多くいるようでした。

千貫水(せんがんすい)
住所 安芸高田市 甲田町(地図
駐車場 あり(無料)
備考 利用料は不要ですが、維持協力金の現地募金箱あり

ads


あわせて読みたい

edit 『 安芸高田市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP