湧永庭園でバラが最盛期、多彩な草花と森林浴で癒されて

安芸高田市の湧永庭園(湧永満之記念庭園)内のバラ園が最盛期を迎えています。緑多き園内の散策と草花、バラを楽しんでリフレッシュ!

湧永製薬が花の季節に毎日無料で開放している湧永庭園の、約500種5000株植えられているバラ園が最盛期を迎えています。

湧永庭園でバラが最盛期、多彩な草花と森林浴で癒されて
画像はイメージ

湧永庭園(湧永満之記念庭園)は湧永製薬が所有していた安芸高田市甲田町の牧場跡地の有効活用のために社員の手で造られた庭園。

緑や花がきれいな春~秋にかけて一般開放を行っており、さまざまな草花や樹木がいっぱい。その中でも国内外から多数のバラを集めたバラ園は豪華で見応えのあるエリア。

春と秋に見ごろを迎えますが、その中でもやはり春(毎年5月下旬~6月にかけて)のバラ園は壮観。

湧永庭園が2016年6月2日に公開した開花情報ではバラ園が最盛期を迎えたほか、サツキや薬用植物園の薬用植物など沢山の山野草が咲いているとのこと。

広島もついに6月4日に梅雨入りしましたが、6月は毎日開園となっているため天気や都合に合わせてお出かけするとよさそうです。

湧永庭園 施設情報/園内の様子

ads


あわせて読みたい

edit 『 安芸高田市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP