日本のプロ野球が16球団に?沖縄、静岡、四国、北信越に4球団追加で地域活性化策

自民党からプロ野球の球団数を増設するという成長戦略が、アベノミクスから飛び出している。現在日本のプロ野球チームはセパ合わせて12球団。これに4球団増やして16球団にすることで、地域活性化策になるのではと考えられているようです。

自民党からプロ野球の球団数を増設するという成長戦略が、アベノミクスから飛び出している。現在日本のプロ野球チームはセパ合わせて12球団。これに4球団増やして16球団にすることで、地域活性化策になるのではと考えられているようです。

日本のプロ野球が16球団に?!4球団増で地域活性化策
photo by NPBスローガンポスター

現在の球団の本拠地は

広島東洋カープ ・・・ 広島県(マツダZoom-Zoomスタジアム)
読売ジャイアンツ ・・・ 東京都(東京ドーム)
阪神タイガース ・・・ 兵庫県(阪神甲子園球場)
中日ドラゴンズ ・・・ 愛知県(ナゴヤドーム)
横浜DeNAベイスターズ ・・・ 神奈川県(横浜スタジアム)
東京ヤクルトスワローズ ・・・ 東京都(明治神宮野球場)
オリックス・バファローズ ・・・ 大阪府(京セラドーム大阪)
福岡ソフトバンクホークス ・・・ 福岡県(福岡ヤフオクドーム)
北海道日本ハムファイターズ ・・・ 北海道(札幌ドーム)
千葉ロッテマリーンズ ・・・ 千葉県(QVCマリンフィールド)
埼玉西武ライオンズ ・・・ 埼玉県(西武ドーム)
東北楽天ゴールデンイーグルス ・・・ 宮城県(楽天Koboスタジアム宮城)

となっていますが、アベノミクスで提言されている案ではこれに加えて、沖縄、静岡、四国、北信越を追加の本拠地候補として挙げられています。

本当にこの案が実現するとなれば、既存の12球団から多くの選手の移動は余儀なくされそうですし、スポンサー企業も必要になってきます。球団の親会社になるからには、それなりの財政基盤のある企業でなければ難しそう。

過去に経営難で球団合併の話が出たことも考えると、16球団にすることは簡単ではなさそうです。プロ野球のさらなる活性化と、新球団誕生後の経済効果を見込んでのことのようですが、実現なるか?!

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP