嶋重宣選手が今季限りで引退へ、カープでは16年間 お疲れ様でした

赤ゴジラの愛称で親しまれていた元広島カープの嶋選手が、今季限りで引退することを発表しました。

赤ゴジラの愛称で親しまれていた元広島カープの嶋選手(現:西武ライオンズ)が、今季限りで引退することを発表しました。

嶋重宣選手は、1994年にドラフト2位でカープに入団。初出場したのは1997年6月29日。2004年には、3割3分7厘の打率でセリーグの首位打者となった嶋選手は、

最多安打のタイトルも獲得するなど、2011年までカープで活躍してくれていました。

嶋重宣選手が今季限りで引退へ、カープでは16年間 お疲れ様でした
広島時代の嶋選手

2012年に、西武の江草仁貴投手とのトレードにより、移籍。

西武に移籍後は思うように成績が振るわず、今年は出場試合数は9試合にとどまっていました。嶋選手は10月2日に球団へ引退の意思を告げたとのこと。

2010年、カープに在籍中の嶋選手はFA権を取得していましたが、行使することなく「ずっとカープで鍛えてもらって今の自分があります。チームメイトと一緒にプレーして、今年の悔しさを晴らしたい」とコメントしていました。

その2年後にトレードの話が出た時は「言葉にならなくて戸惑った」と語っていた嶋選手。16年もカープで頑張ってくれていた嶋選手だけに、本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

嶋選手の通算成績は、ホームランが126本で、1034試合出場し打率は2割7分9厘。

嶋選手は引退について、10月3日に会見を行うとのこと。

嶋重宣選手 現役引退のお知らせ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP