石井琢朗、地元ラストゲームは1番ショート!最終戦は横浜で

広島カープの石井琢朗の引退試合は、9月30日にマツダスタジアムで行われる阪神戦と、10月8日に古巣・横浜で行う今季最終戦での2回となる予定。本拠地 広島マツダスタジアムでのラストゲームは、1番ショートで出場する

広島カープの石井琢朗選手が、本拠地 広島マツダスタジアムでのラストゲームとなる9月30日に、1番ショートで出場する。

石井琢朗の引退試合は、9月30日にマツダスタジアムで行われる阪神戦と、10月8日に古巣・横浜で行う今季最終戦での2回となる予定。

石井琢朗、地元ラストゲームは1番ショート!最終戦は横浜で

石井琢朗 引退へ、会見で「背負っていたものを降ろした」

ラストゲームにどういった形で出場するかは、野村監督が石井琢朗選手に直接「琢朗の好きにしていいよ」と言葉をかけたとのことで、本人の意思で「1番・ショート」に決定。

マツダスタジアムでの引退試合が行われる9月30日分は、前売り券は完売状態で、当日券の販売もなし。

石井琢朗選手にとって、プロ野球人生のほとんどの時間を過ごしてきた、古巣・横浜で行う引退試合は、琢朗さんが横浜時代に優勝を決めた日と同じ「10月8日」でもあり、引退試合には横浜時代のファンも多く駆けつけることとなりそう。

ads

同じく今季で引退する金本選手にも花束を

マツダスタジアムで行われる引退セレモニーでは、石井琢朗選手の娘さん(長女)が始球式に登場、また来場者には石井琢朗の直筆と思われる「ありがとう」の文字が書かれたA2サイズのポスターが配布される。

試合終了後には、バックスクリーンに石井琢朗選手の軌跡VTRが流され、琢朗さんからの挨拶や花束贈呈などのセレモニーを行う。

ライト側コンコース新設イベントスペース(ジョージア看板下)にて9月30日限定で、サイン入りバットやユニホーム・ボール、メモリアルクリスタルなど石井琢朗選手の「引退記念グッズ」の販売が行われます。

また、石井琢朗選手と同じく今季限りで引退すると発表した、広島出身の阪神・金本知憲選手にも敬意を表し、試合前に花束が贈呈される。

金本知憲 引退
photo by 金本知憲 鉄人の歩み

金本選手は、大学卒業後1992年から2002年までの10年間、広島東洋カープに在籍。金本選手は在日韓国人でしたが、2001年に日本人女性と結婚することを機に、日本に帰化。その後、2003年にFAを行使して阪神へ移籍。阪神でもおよそ10年間、第一線で活躍し続けました。

偉大な選手の相次ぐ引退はとても残念ですが、琢朗さん42歳・金本選手は44歳。共に長いプロ野球人生、本当にお疲れ様でした。最後の花道、しっかり目に焼き付けたいですね。

via.石井琢朗 ブログ / 引退試合は1番ショート / 広島カープ 公式サイト / 金本知憲 オフィシャル

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP