広島 豊田清投手 引退、「言葉が見つかりません」19年のプロ生活にピリオド

広島カープの 豊田清投手が、2011年10月24日に現役を 引退 する事を発表しました。豊田投手は引退に関してコメントを次の様に発表しています。 詳細はこちら

広島カープの 豊田清投手が、2011年10月24日に現役を
引退 する事を発表しました。
豊田 投手は2010年シーズンを終え、巨人では戦力外通告
を受け、コーチ就任の打診もあったそうですが、これを断り
2011年シーズンから広島カープと契約。
今シーズンは32試合、プロ通算では558試合に登板し
66勝50敗157セーブという記録を残し、19年間の
プロ野球生活にピリオドを打ちました。

広島 豊田清投手 引退、「言葉が見つかりません」

豊田投手は引退に関し、

引き時かと思いました。何でも自分が判断してきましたが、プロの目で見て、プロのピッチャーとしてどうなのかなというのがありました。
カープに来て、1年で終わりたくないという気持ちはありました。広島のファンも温かく、チームにもすんなり入れていた。西武、巨人、広島と、色々な事があった19年間でした。(成績に関しては)大満足です。
via sportsnavi.yahoo.co.jp

ads

豊田投手 自身のブログでは「今は何を言っていいのか…」

豊田清投手のオフィシャルサイト「新 絶対的守護神への道」では
10月9日に「来季に繋がる戦い」というタイトルで
登録抹消後に初めてブルペンに入った事を明かし

クライマックス進出を断たれてしまったけれど、昨年まで他チームにいたボクは 今年のカープは強くなって来ている、と思っています。(一部抜粋)CSは無くなりましたが、「CSまで後少しの所まで行けた事」で悔しさが残り、これが来季に繋がると思います。
今シーズンも残り試合がわずかになってきましたが、ボクは1軍に呼ばれる様、戻れるように調整します。

と、来季に向けての意気込みを語っていた豊田投手。
しかし24日付けのブログでは現役引退の報告記事が
投稿されました。

今は何を言っていいのか言葉が見つかりません。
とにかく皆さんに「本当に有難う」と言いたいだけです。
落ち着いたら、自分の考えをお伝えします…

と気持ちの変化。メディアでは伝えきれない、
豊田投手の 本当の気持ちは、落ち着いてから
コメントが出されそうです。

豊田清投手、本当にお疲れさまでした。

豊田清 オフィシャルサイト-新 絶対的守護神への道

豊田 引退会見
11年10月24日広島東洋カープ プロ野球ニュース:豊田投手引退会見 動画

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP