球場ラヴァーズ 私を野球につれてって 発売、人気作の2ndシーズン

石田敦子さんによる 球場ラヴァーズのセカンドシーズン、球場ラヴァーズ-私を野球につれてって- のコミック第一巻が発売されました。あらすじなど詳細はこちら

石田敦子さんによる人気マンガの 球場ラヴァーズのセカンドシーズン、

球場ラヴァーズ-私を野球につれてって- のコミック第一巻が2013年3月29日のプロ野球ペナントレース開幕日に合わせて発売されています。

球場ラヴァーズ 私を野球につれてって 発売
Photo by 球場ラヴァーズ -私を野球につれてって-1 (ヤングキングコミックス)

球場ラヴァーズ といえば、ヤングキングで連載された作品ですが第一章の「私が野球に行く理由」のストーリーが一区切りついた後、今度は ヤングキングアワーズにて連載が2011年7月号からスタート。

私を野球につれてって からは主人公が 女子大生の「太田日南子」に変わりストーリーが展開。野球嫌いだったはずの女の子がプロ野球や カープの魅力にとりつかれていくという、お話になっているのです。

ads

球場ラヴァーズ 私を野球につれてって あらすじなど

主人公の太田日南子は、カープが最後に優勝をした1991年生まれの21歳。(連載開始当初の年齢) 東京ドームでビールの売り子のバイトをしている彼女はいつも販売成績トップ!これに誇りに思う日南子だったが、野球の事は大嫌い。
なぜなら日南子の両親は「巨人ファンの父とヤクルトファンの母が対立して離婚した」と思い込んでいるため。

そんなある日、日南子は[カープが21年も優勝していない]という事を知り、それにもかかわらずカープを応援し続けるファンが沢山いる事を不思議がるが、周りから カープの魅力や歴史を教えられ、いつしかその魅力にとりつかれていく…。

球場ラヴァーズ ヤングキングアワーズ
Photo by YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 05月号

このコミックの発売日の次の日に発売されたヤングキングアワーズの表紙も球場ラヴァーズになっており、前田智徳人形をギュっとする登場人物に萌えた人も多いのでは。

この他、ヤングキングではアワーズと同時連載で2013年5月号から「だって野球が好きじゃけん」もスタートしたそうなので気になる方は要チェック。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP