広島 河内貴哉投手、8年ぶり白星に「言葉に表せないくらい最高」

2012年8月16日、マツダスタジアムで行われた ヤクルト戦で 河内貴哉投手が8年ぶりに白星を挙げました!広島カープ 河内投手の プロフィールや、お立ち台でのコメントまとめはこちらから。

2012年8月16日、マツダスタジアムで行われた ヤクルト戦で河内貴哉投手が8年ぶりに白星を挙げました!

7回に登板した横山投手が四球で出してたランナーが味方のエラーでホームに返り、ヤクルト2-1広島 と逆転を許した場面で 河内投手が登場。

広島 河内貴哉投手、8年ぶり白星
Photo by コイバット

河内貴哉 投手は7回、8回を見事に抑えて味方の援護を待った所、

8回裏に 阿部・丸・梵で満塁に、エルドレッドが2点タイムリーで逆転成功!悲願の白星を手にし、チームも3位の座を守り ヤクルトとのゲーム差を2.5にしました。

試合後、河内選手の苦しい時期を共にに見守ってきたチームメイトは 河内選手のお立ち台・ファンへのお礼の時間もベンチに残り、彼の帰りを待っていました。

ads

河内貴哉投手の お立ち台コメントまとめ

Q:河内投手、8年ぶりの勝利投手となってこの声援 どんなお気持ちですか?
河:こんなに沢山の広島ファンの皆さんの前で勝ちがつくとは思わなかったので本当に嬉しいです。

Q:この試合を振り返って?
河:どんな場面でも、僕は思い切って行くだけなんで。そんな細かいコントロールが有る訳でもないので、とにかく向かって行く姿勢を。ストライクゾーンに思い切って投げる、それだけを心がけて投げました。

Q:そんな河内投手のピッチングが勝利を呼びましたが、河内投手といえば、大きな怪我を乗り越えて返ってこられた訳ですが?
河:5年間、仕事もせずに休んでいたので これからどんどん取り返して行きたいとおもいます!

Q:リハビリ中、多くの人が支えてくれたと思います。 この勝利を誰に伝えたいですか?
河:いろんな人にささえられてここに戻ってこれたので、その人たちの為にも、広島ファンの為にも、球団の為にも、これからも一球一球思い切って投げて行きたいと思います。

Q:2004年以来、8年ぶりの勝利でのお立ち台。どんなお気持ちですか?
河:本当に、言葉に表せないくらい……本当に最高です。

Q:チームは今、初のクライマックスシリーズ生き残りをかけて大事な戦いが続いていますが?
河:明日から、東京ドーム3連戦。3つ勝って広島に帰ってくるのでまた応援よろしくお願いします!

河内貴哉投手はドラフト1位で1999年にカープに入団。順調に活躍をみせていましたが その後不振に陥り故障。2008年から左肩の手術・リハビリ生活となり2010年には自由契約に。その後育成選手として再びカープと契約を結び、2011年からは2軍で実戦復帰!2012年に入り、5月には1軍へ昇格。

お立ち台でも、いままでの苦悩が晴れたようないい顔をされてましたね!カープのCS進出へ向け、力を発揮してほしいです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP