ジオ、シュルツ 「もっと貢献したい」も契約更新なし 広島カープ

広島カープの助っ人投手、ジオ・アルバラードと マイク・シュルツ 両投手は来季の契約更新をしないことが分かりました。球団側から「移籍先を自由に探してもらっていい」と伝えられたジオはすでにプエルトリコへ帰国している。

広島カープの助っ人投手、ジオ・アルバラードと マイク・シュルツ 両投手は
来季の契約更新をしないことが分かりました。

「移籍先を自由に探してもらっていい」と球団側から伝えられたジオは
すでにプエルトリコへ帰国しているとのこと。

ジオ、シュルツ 「もっと貢献したい」も契約更新なし 広島カープ
退団が決定した、 ジオ・アルバラード投手

ようやく日本に慣れ、チームメイトとも仲良くなれたジオは
「もっとチームに貢献したい」と、来季もカープでプレーすることを
望んでいましたが、3年目を迎えることは出来ませんでした。

広島カープは現在、外国人助っ人選手として
サファテやバリントンの残留が決定している。

さらに、補強予定の助っ人の追加や、福井今村といった若手も
調子を上げてきていることも原因としてあるようです。

シュルツもまた、腰の手術をして以降、力を発揮できていなかった。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP