カープ 會澤翼が鼻骨骨折、救急搬送されるも 歩いて病院を後に

広島の会沢翼 選手が 2012年8月2日 顔面死球を受けて動けず、 救急車が場内に入ってくるという異例の事態となり救急車で運ばれました。会沢(會澤)選手のその後の様子など詳細はこちらから。

広島カープの會澤翼選手が 2012年8月2日 顔面死球を受けて動けず、 救急車が場内に入ってくるという異例の事態となり救急車で運ばれました。

會澤選手は 2日の DeNA戦、9回1死 1・2塁の場面、ミコライオ選手の代打として出場しましたが DeNA 山口投手が投げた148km/hの速球が顔面付近に直撃。

カープ 會澤翼 鼻骨骨折
カープ沖縄キャンプでの 会沢選手

山口投手はこの死球の直前にも 球の握りが甘かったのか 汗で滑ったのか、会沢選手の頭上を行く 抜けたボールを投げており キャッチャーから帰って来た球を手に馴染ませるように すり合わせていましたが その後、顔面へ直撃。

ヘルメットのツバの部分に一度当たったような感じでしたが VTRではその後 顔面左側から鼻の辺りに来ている様子が映っていました。

ads

会沢「鼻骨骨折」、帰広して再診を

會澤翼は「鼻骨骨折」と診断され、搬送先の横浜市内の病院から歩いて姿を現したとサンスポが伝えています。山口投手は危険球退場になり、その後 菊地投手と交代。

試合は再開され 横浜が勝利しましたが ヒーローインタビューや勝利のハイタッチは自粛したよう。誰もが心配した 会沢選手は診療後に搬送先の病院から自らの足で歩いて出て来、広島に帰り 再診を受けるという。

頭部への死球なだけに 再診の結果が心配ですが 無事にグラウンドに帰って来てほしいです。

【続報】広島 會澤翼 デッドボールの影響少なく 大野で運動再開
広島カープ 會澤翼が結婚!お相手は高校時代の同級生 朋子さん
広島 會澤翼 デッドボールの影響少なく 大野で運動再開

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP