前田智 死球に乱闘寸前、左手首の骨折で長期離脱か

前田が死球で乱闘寸前に…!神宮で行われた4月23日の 広島VSヤクルト戦。4回に代打で登場した前田智徳が、相手のルーキー投手・江村から手首に死球を受け、鬼の形相で詰め寄る場面があった。動画

神宮で行われた4月23日の 広島VSヤクルト戦。4回に代打で登場した前田智徳が、相手のルーキー投手・江村から手首に死球を受け、鬼の形相で詰め寄る場面があった。

死球を受けても声を荒げることの少ない前田選手が、あれほど怒ったのは珍しいこと。両チームの選手やコーチもマウンドに詰めかけ、あわや乱闘といった空気になった。

前田智 死球に乱闘寸前、左手首の骨折で長期離脱か

相手ピッチャーはルーキーということもあり、前田智の形相に涙目になっていましたが、死球に対してはすぐに脱帽して頭を下げていました。ルーキー江村は広島県福山市出身。彼にとっても前田選手は憧れの選手だったようです。

前田智は、かなり辛そうな表情でベンチへと下がって行きましたが、その後の診断で「左尺骨骨折」と診断。左手首の骨折で、長期離脱となるかもしれない怪我を負いました。

41歳の前田選手、ベテラン選手だからこそ体へのケアは人一倍気を使っていたはず。シーズンも始まったばかりのこのタイミングで、9打数4安打という「代打の切り札」が離脱してしまうのは、広島カープにとって痛すぎる。

ads

主力選手ばかりが離脱、どうなる?カープ

前田智徳選手の離脱のほか、広島カープは4番のエルドレッドも巨人の菅野から右手に死球を受け骨折、野村投手も右肩関節唇損傷、マエケンは右上腕三頭筋筋膜炎となり、主力選手ばかりが離脱しています。

以下は、前田選手が死球を受けた時の様子。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP