カープ 雨天中止時のヘッドスライディングが禁止に

カープの試合が雨天中止になった際のスライディングパフォーマンスは球団の方から禁止令が出ていたという事が分かりました。楽しみにしていたので、ちょっと残念。

カープの試合中に雨が降り出してそのまま雨天中止となった時、マツダスタジアムでは選手らが曲に合わせて陽気に踊ったり、内野に敷かれている防水シート上で中東選手などが盛り上げ隊長として先陣を切ってスライディングする!という光景がお馴染みでしたが、

スライディングパフォーマンスは球団から「禁止令」が出た事が分かりました。

カープ 雨天中止時のヘッドスライディングに禁止令出ていた
Photo by MASATAKA

判明したのは2014年8月14日、マツダスタジアムでの試合が雨天中止になった時のこと。

今年の梅雨時期にも何度かこういう事があり、中東選手や上本選手、ロサリオ選手らが雨天パフォーマンスをしていたため いつものようにこれを期待していたファンもいましたが、この日はスライディングパフォーマンスは無し。

その夜 中東選手は自身のツイッターで以下のようにファンに向けてツイートしました。

グラウンドに敷かれたシートは雨よけのためのもので、選手のダイナミックなヘッドスライディングを想定しては作られているものではないため、禁止令が出たということのよう。

広報担当さんのブログにもその日、雨天中止にうなだれる 中東・ロサリオ選手の様子が写真つきで投稿されていました。

“雨の中来てくれたファンを楽しませよう” と選手がパフォーマンスをする姿は昔から「珍プレー好プレー」などでお馴染みでしたが、こうも雨が続きスライディングの回数が増えると、確かにシートにかかる負担も増えて破れかねない。

また、カープのチームカラーである「赤」いシートが「やぶれる」というのも、縁起が悪いですしね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP