赤いへるめっと、南国沖縄で広島お好み焼き!カープの選手が立寄ることも

南国・沖縄に広島のお好み焼きが食べられる店、赤いへるめっと がオープンしていました。カープの選手が訪れる事も多いという店で鉄板焼きとお好み焼きを食べてみました。

広島のお好み焼きが食べられる店「赤いへるめっと」が、沖縄にオープンしていました。

赤いへるめっと、南国沖縄で広島のお好み焼き!選手が立ち寄ることも

沖縄で広島の料理が食べられるお店は珍しいですが、この「赤いへるめっと」は広島の流川・袋町などで飲食店を経営する会社が沖縄に2013年12月にオープンさせた鉄板料理&お好み焼きの店。

赤いへるめっと 外観写真

赤いへるめっとのオーナーは広島東洋カープの現役選手やOBとの親交が深いのだそうで、シーズンオフ・沖縄キャンプの期間には現役選手をはじめとした関係者が多くこのお店を訪れており、店内はサインでいっぱいです。

赤いへるめっと 店内のカープ選手サイン

お店があるのは、カープがキャンプを行う沖縄市。住宅街の中でひっそりと営業されています。赤いへるめっとはビルの1階に入っており、白い壁全面に店名がドーンと書かれています。

ads

「鉄板居酒屋&広島お好み焼き 赤いへるめっと」お酒が飲みたくなるメニューたくさん

赤いへるめっと の店内は、間接照明のあかりがどこか バーを連想させるムーディーな雰囲気。その空間の中でメインの大きな鉄板からは「ジューッ」と野菜や肉が焼ける音が聞こえてきます。
赤いへるめっと  店内の様子

また、戦国武将の甲冑らしきものが飾られており、その頭の部分は店名にちなみ赤いヘルメットになっています。大きな「C」と「広島鯉軍」という文字が目立ちます。店員さんも “こいつがウチの看板なんです”とニッコリ。

赤いへるめっと カープの甲冑

赤いへるめっと カープの甲冑2

席はカウンターや、椅子席、座椅子の席などいろいろあります。
赤いへるめっと  店内の様子2

広島のお好み焼き屋さんは、鉄板付きのテーブルを使用する所も多いですが、「赤いへるめっと」では提供時に小さな鉄板にのせて運んできてくれます。

注文が終るとまず、お通しが出てきます。今回は鶏の南蛮漬けでした。

赤いへるめっと  お通しの画像

以下は、鉄板メニューの中でお店のおススメという「赤へるのちゃんちゃん焼き(ホルモンミックス)750円」。ちゃんちゃん焼きはホルモンやキャベツ・もやしなどにしっかりと絡む味噌ダレが食欲をそそります。

赤いへるめっと ちゃんちゃん焼き

そして、お好み焼きメニューの「赤へるスペシャル(お好み焼き)1330円」。スペシャルは、生エビ・生イカなどの海鮮が入ったもの。

赤いへるめっと お好み焼きの写真

こちらではオタフクソースが使用されており、ソース追加用の瓶も用意されます。(希望すればマヨネーズも。)コショウが一緒に用意されていたのは少し意外でした。

赤いへるめっと お好み焼きの調味料

ちなみに、こちらのお好み焼きをオーダーする時は、麺を「そば」と「沖縄そば」から選ぶ事が出来ます。今回は「沖縄そば」をチョイス。普通のうどんに比べると少し細麺なのですが、弾力があり、パリっと焼かれると更に歯ごたえがしっかり感じられます。

赤いへるめっと お好み焼きの写真2

テーブルにはお箸が用意されていますが、お好み焼きの提供時には小さめのヘラ(ヘラ小町)を出してくれるので、ヘラで食べることに慣れていない沖縄の方でも使いやすそうです。

この他、サラダ・前菜・揚げ物・ごはんものもあり。鉄板居酒屋なのでお酒に合うメニューが並び、お酒もビールから焼酎・カクテル、泡盛(沖縄)、日本酒(広島)…とたくさんありました。沖縄を旅して、広島の味が恋しくなったときに是非。

鉄板居酒屋&お好み焼き 赤いへるめっと
住所 沖縄市比屋根1-14-16
営業時間 18時から26時(翌2時)
定休日 月曜日
駐車場 無料あり

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP