前田健太 ドジャースと契約、現地ファン「若い黒田がやってくる!」

マエケンこと前田健太(広島東洋カープ)がニューヨーク・ドジャースと契約合意!アメリカでも注目ニュースとして報じられています

広島東洋カープからポスティングシステムでメジャー挑戦を宣言、その動向が注目されていた前田健太投手が2015年12月31日にロサンゼルス・ドジャースと契約合意に至ったとMLB公式サイトで発表されました。

前田健太 ドジャースと契約!現地ファン「若い黒田がやってくる!」

ポスティングシステムとは
《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドル(およそ24億)を上限に譲渡金を設定し、獲得を望む米球団がその金額を受け入れると、米球団は選手との交渉権を獲得する。契約が成立すると、米球団は所属球団に譲渡金を支払う。
via.ポスティングシステム

MLBサイトではハイライトニュースとして “ドジャースがマエダと8年契約に合意” と報じられました。

ads

ドジャースファンの反応「若い黒田だ!」「イエスッ!!」

ドジャースといえば野茂英雄、木田優夫、石井一久、そして黒田博樹投手(現・広島)ら名だたる日本人メジャーリーガーが所属した球団。

黒田投手はドジャースから2012年にヤンキースへ移籍、その後帰国し広島へと戻った選手ですが、ドジャースファンにとって黒田投手もマエケンも印象的な選手であるようで、ドジャースのマエケン獲得のニュースに対し

「ワクワクするね!マエダは若いクロダだ」
「カンパイ!(喜びの意)」
「ナイスニューイヤーサプライズだ!」

と歓迎ムード。

MLB.com

環境の変化による故障はないか?という心配もされますが、念願のメジャー挑戦のチャンスを手にしたマエケン。球団からの正式発表はまだですが、アメリカに渡ってもきっと良いニュースを日本に届けてくれると広島のファンも信じています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP