ロサリオが「おさむ」な理由、琢朗コーチとの絆

ドミニカ出身、2014シーズンからカープに加わったライネル・ロサリオ選手。選手やファンから「オサム」と呼ばれているが、なぜなのか…。

ドミニカ出身、2014シーズンからカープに加わったライネル・ロサリオ選手。

いきなりチームのムードメーカーを担う人柄の新外国人選手は選手やファンから「おさむ(オサムちゃん)」と呼ばれ親しまれているよう。

ロサリオが「おさむ」な理由、琢朗コーチとの絆

ドミニカの人なのに…なぜ「おさむ」なのか?しかし妙に違和感がない…と思っていたら、どうやら

「パッと見て顔が『オサム』っぽい」という理由から石井琢朗 内野守備走塁コーチが命名したのだという。(via.tokyo-sports.co.jp)

「おさむ」繋がりで習得したという「今でしょ!(=林修先生)」も選手内で好評のようで、その他にも「関~係ないから~ 関係ないから~」や雨天中止時の「恋(鯉)のフォーチュンクッキー」ダンスなど次々と日本に染まるオサム。

また、ロサリオ選手は琢朗コーチを「日本のお父さん」と呼んでいるそうで、コーチのブログにも度々登場するほどの仲良しぶりです。

琢朗コーチはロサリオ選手をはじめとして、新外国人選手と壁をつくらず仲良さそうにコミュニケーションをはかる姿が印象的。そんなコーチには特に心を許しているのかもしれません。

シーズンが一区切りし、残留するか否か?なども注目されていますが 長くカープの大砲として活躍してほしい選手の一人です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP