広島カープ 黒田博樹が引退へ「野球人生の中で最高のチームだった」

広島カープの黒田投手が、日本シリーズを最後に今季限りで引退することを発表。10月18日19時から広島市内のホテルで引退会見を行う。

カープの黒田博樹投手が2016年10月18日、今季限りで引退することを球団が発表しました。現役姿が見られるのは、日本シリーズで最後になります。

広島カープ 黒田博樹が引退へ「野球人生の中で最高のチームだった」
沖縄キャンプでの黒田投手

黒田投手はこの日、夕方から行なわれたマツダスタジアムでの全体練習の開始前に、全員が揃った円陣の中で本人の口から引退の意向を伝えました。

『個人的な事になるけれど、日本シリーズを最後に引退をしたいと思う。メジャーから帰ってきて2年間、このチーム・最高のチームでプレーできた。みんなのおかげで素晴らしい夢を見させてもらいました、本当に感謝しています。最後に日本一になって、もう一度ビールかけをしよう』

黒田投手は2015年2月「最後はカープのユニフォームで投げたい」とカープに復帰。その翌年には悲願だったリーグ優勝を果たした。ビールかけをした際にも黒田投手は「このチームが自分の野球人生の中で、ベストなチームだと思う」とコメントしています。

日本シリーズを最後に、野球人生最高のメンバーと共にビールかけできる結果と最高の笑顔を是非見せてほしい。

そして、新井選手と抱き合って見せたあの嬉し涙、ファンも皆涙したあの光景を、黒田投手の野球人生で最後の瞬間で再び見れる事をファンは心から祈っています。

黒田投手は10月18日の19時、広島市内のホテルで引退会見を行い想いを語りました。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP