田中将大vs前田健太が初の直接対決!コントロール勝負で勝ったのは

広島カープのエース・マエケンと田中将大が、大晦日にTBSの番組「KYOKUGEN 2014」で直接対決。一夜限りの真剣勝負で、ストライクゾーンを含む36枚のパネルを抜いていく

広島カープのエース・マエケンと田中将大が、大晦日にTBSの番組「KYOKUGEN 2014」で直接対決。同郷で同い年の2人は常にライバルでしたが、これまで一度も直接対決をしたことがなく、今回初めて、コントロール対決で勝負した。

田中将大vs前田健太が初の直接対決!コントロールで勝負
TBS / KYOKUGEN2014

日本の野球界を背負って立つ本物のエースはどちらか?一夜限りの真剣勝負では、ストライクゾーンを含む36枚のパネルを抜き、オセロのようにひっくり返していくというもの。

2人がともに苦しんだのは、普段投げることの無いストライクゾーンから大きく外れた四つ角。特に左バッターの足元付近を狙わなければならない「31版のパネル」に苦戦しましたが、

結果は田中将大は15球でパーフェクト達成、前田健太は16球でパーフェクト達成するという1球の差で田中将大に軍配が上がりました。ヤンキース・田中将大はやはり凄かった!

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP