ひろしまランメン、10月30日で閉店へ

広島市安佐南区西原の老舗ラーメン店、ひろしまランメンが2015年10月30日をもって閉店する。昭和42年に開業したお店は、新庄味噌とコラボした味噌ランメンなどを提供していた。

新庄味噌と卵麺・野菜で味噌ランメンを提供する中華料理店・ひろしまランメンが、2015年10月30日で閉店する

ひろしまランメン、10月30日で閉店へ
ひろしまランメン

ひろしまランメンの店舗は、車の通りが多い可部街道沿い(広島市安佐南区西原)にあり、黄色い外観と、卵の殻を割って飛び出しラーメンを食べているキャラクターの看板が目を引くお店。

昭和42年にオープンし、およそ50年間営業してきた老舗店だが、幕を下ろす事になった。ひろしまランメンのFacebookページでは

2015年10月30日(金)をもちまして、営業を終了することとなりました。昭和42年のオープン以来、約50年。本当にたくさんの方々のお陰でここまで来ることができました。心より感謝申し上げます。残り約1ケ月の営業となりますが、最後の最後まで、関わる方々の為に、従業員一同、頑張って参ります。お近くへお越しの際は、是非、お立ち寄り下さいませ。

と、閉店について報告しています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐南区 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP