西条の駅前ストリート、東広島のブールバールが2019年完成目指し生まれ変わる

西条駅の駅前ストリート、東広島市のブールバールが新たな賑わいづくりの場にするため、歩道整備や樹木移植・電源設置など大幅改修工事に入ることが発表されました。

JR西条駅から広島大学に向かう駅前通り、通称ブールバールが新しく生まれ変わります。

西条の駅前ストリート、東広島のブールバールが2019年完成目指し生まれ変わる
広くなった歩道でイベントも / 写真はイメージ(広島県)

ブールバールは、現在の緑豊かな景観を保ちながら、新たな街のにぎわい作りの場所へと繋がる歩道空間にするため、再構築整備が進められる予定。

今年度は、歩道の整備(インターロッキングブロック舗装など)に、着手する予定となっています。

ads

西条駅前が、より明るく快適な多目的利用可能な空間に

歩道再構築計画区間の工事が予定されているのは、以下地図上の赤・黄・緑の着色区間。

東広島のブールバールが2019年に向け工事

2015年度は、赤色の区間を着工に着手する予定となっています。現在、ブールバールの歩道には、真ん中に植樹してありますが、

西条 ブールバールの歩道、現在
現在のブールバールの歩道

再構築の工事完了後には、以下のようにスッキリと広くなり、歩行者と自転車が利用しやすい歩道へと生まれ変わります。

西条 ブールバールの歩道、完成イメージ
再構築後のブールバールの歩道

ベンチなど休憩施設も充実し、樹木の位置によって照度が不足していた夜間の街灯の明かりも確保できるようになるとのこと。

また、道路空間をイベント開催時など多目的利用の可能な場にできるよう、道路内に電源装置や給水施設などが適切な場所に配置される計画となっています。全工事の完成は、2019年度の予定。

ads


あわせて読みたい

edit 『 東広島市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP