東広島市 スポット 観光 (Page.6)

酒の町 西条は、地下道も酒蔵風になっている

酒の町 西条は、地下道も酒蔵風になっている

広島県東広島市の西条は、日本三大酒処の1つ。そんな酒どころ西条の町にある地下道も、酒蔵仕様になっていました

わにぶちの滝(鰐淵の滝)、恋の伝説が残る 避暑スポット

わにぶちの滝(鰐淵の滝)、恋の伝説が残る 避暑スポット

わにぶちの滝(鰐淵の滝)は、東広島市福富町(福富町と高屋町の境界)にあるプチ避暑スポット。画像や動画でその様子をご紹介。

東広島市西条と酒蔵通りのマンホール

東広島市西条と酒蔵通りのマンホール

東広島市西条のデザインマンホール。以下は、2011年の酒まつりの開催と合わせて設置された、まだ新しい酒蔵通りのデザインマンホール。酒蔵通り以外の場所には、東広島市の「市の木」である松と、「市の花」であるツツジがデザインされたマンホールがあります。

酒蔵通り、東広島市西条の酒蔵めぐりと町並みぐるり散歩

酒蔵通り、東広島市西条の酒蔵めぐりと町並みぐるり散歩

街歩きしたくなる、西条 酒蔵通り。東広島市西条は、兵庫県の「灘」、京都府の「伏見」と共に日本三大酒処の1つです。酒蔵通りでは、酒蔵見学やお酒の仕込み水も試飲できます。

東広島の 福富物産しゃくなげ館、エゴマの商品ズラリ

東広島の 福富物産しゃくなげ館、エゴマの商品ズラリ

福富物産しゃくなげ館 という物産館が、東広島市福富町にあります。エゴマを主力商品とする物産館の様子をご紹介。

クロボヤ峡の シャクナゲが開花、福富に500本の石楠花が自生する群生地

クロボヤ峡の シャクナゲが開花、福富に500本の石楠花が自生する群生地

クロボヤ峡が4月29日から6月10日までの間、シャクナゲが開花する時期ということで一般開放されています。毎年、この時期になると解放されるクロボヤ峡は東広島市福富にあり、広島県内で最大規模のシャクナゲ群生地となっていて、樹齢50年から100年というシャクナゲ(石楠花)が500本以上も自生する

時報塔、東広島市に大正から残るレトロな塔は 国の登録有形文化財

時報塔、東広島市に大正から残るレトロな塔は 国の登録有形文化財

東広島市志和町で、レトロな塔を見つけました。近寄ってみると「時報塔」と書かれてありました。時報塔は大正11年(1922年)に造られたもので、アメリカ製の鐘が時を知らせていました。塔には「時ハ金」(時は金なり)や「定時励行」「時間節約」などの言葉が書かれています。

鏡山公園の桜と、西条を見渡せる鏡城跡からの風景

鏡山公園の桜と、西条を見渡せる鏡城跡からの風景

鏡山公園 は、東広島市の桜のスポットとして有名な場所。鏡山公園の桜の様子や 鏡山城跡 山頂からの景色をたっぷりの写真でご紹介します。

ハートの島 小芝島を、大芝大橋を渡って見に行ってみる

ハートの島 小芝島を、大芝大橋を渡って見に行ってみる

広島県に浮かぶハートの形をした小さな島・小芝島(こしばじま)。向かいにある大芝島をドライブ中に見えるこの小芝島は無人島で、ある角度から見るとハートのように見えます。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8

PAGE TOP