時報塔、東広島市に大正から残るレトロな塔は 国の登録有形文化財

東広島市志和町で、レトロな塔を見つけました。近寄ってみると「時報塔」と書かれてありました。時報塔は大正11年(1922年)に造られたもので、アメリカ製の鐘が時を知らせていました。塔には「時ハ金」(時は金なり)や「定時励行」「時間節約」などの言葉が書かれています。

東広島市志和町で、レトロな塔を見つけました。近寄ってみると「時報塔」と書かれてあります。

時報塔、東広島市に大正から残るレトロな塔は 国の登録有形文化財

時代を感じるレトロなデザインがいい感じ。この時報塔はコンクリートで造られていますが、石造り風になっていて、高さは7.8メートル。

時報塔、東広島市に 国の登録有形文化財

塔には「時ハ金」(時は金なり)や「定時励行」「時間節約」などの言葉が書かれています。このレトロな時報塔のそばには看板が設置されていて、その説明内容によると

時報塔は大正11年(1922年)に、在郷軍人会志和堀分会が、定時励行を目的に建設した鐘楼。この地出身だった米国在住者からアメリカ製の鐘を寄付されて造ったものだそうで、今でもサイレンとして使用されているのだそう。

時報塔、中にはアメリカ製の鐘が

造られてから90年もの間、この地で時を刻み続けているんですね。

ads

時報塔はもうすぐ100歳!大正生まれの志和町堀地区シンボル塔

時報塔のそばには、「時報塔建設90周年」という看板があり、周辺は綺麗に花が植えられ小さな花壇になっていました。

時報塔 東広島市志和に

時報塔の花壇

じつはこの花壇、上から見ると花時計になっていました。

時報塔と花壇の時計・花時計

その横には、小さな屋根付きベンチもありました。

時報塔と屋根付きベンチ

1997年9月3日には、この時報塔が国の登録有形文化財として登録されたとか!

時報塔は国の登録有形文化財に

すぐ近くには、こちらもレトロで雰囲気のある酒蔵があり、煙突には「美酒 千代乃春」の文字。東広島らしい風景が広がっています。

酒蔵 千代乃春と水田の風景

酒蔵 千代乃春

現在、時報塔の2階部分にはサイレンが取り付けられているそうで、今も地元の人のために時を告げる塔として機能しているとのこと。ということは、鐘の音はもう聞けないのでしょうか?どんな音がするのか、聞いてみたい気がしますネ。

時報塔と花時計

時報塔(じほうとう)
場所:東広島市志和町志和堀 (時報塔の場所を地図で確認
問合せ: 082-420-0977(東広島市教育委員会文化課)

ads


あわせて読みたい

edit 『 東広島市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP