わにぶちの滝(鰐淵の滝)、恋の伝説が残る 避暑スポット

わにぶちの滝(鰐淵の滝)は、東広島市福富町(福富町と高屋町の境界)にあるプチ避暑スポット。画像や動画でその様子をご紹介。

わにぶちの滝(鰐淵の滝)は、東広島市福富町(福富町と高屋町の境界)にあるプチ避暑スポット。

ここの駐車場には「わにぶちふる里直売所」や周りに木が沢山あり 木陰になっているためドライブの休憩スポットとしても利用する人が多いよう(直売所は筆者が訪れた時はお休みでした)。

わにぶちの滝(鰐淵の滝)、恋の伝説が残る

わにぶちの滝 駐車場

駐車場から階段をのぼっていくと小さなスペースがあり、上と下に分かれて階段があります。上は数段登ると 屋根付きの展望台風休憩スペース(周りは森)、階段を降りると 滝にたどり着きます。

ads

涼しげな滝と、ここに残る伝説

まずはその様子を動画でご覧ください。

鰐淵の滝 (わにぶちの滝)

わにぶちの滝 の展望風スポット
(展望台風のスペース)

わにぶちの滝 への道・橋
(わにぶちの滝へと続く橋)

わにぶちの滝(鰐淵の滝) の落差は6mほどで小さな滝ですが、水が流れる音と木漏れ日でちょっと癒されます。滝の下まで近づく事はできませんが、ちょっとした休憩スポットとしてドライバーや周辺に住む方も利用しているようです。

わにぶちの滝 画像

このわにぶちの滝にはちょっと悲しい伝説が残っていて 湖畔の里 福富(道の駅)ホームページで以下のように紹介されています。

美しいお姫様に恋慕したため、若武者に退治された大蛇の伝説が残っており、何百年もの間、 大雨のたびに大洪水をおこし、「元の姿に戻りたい大蛇のたたり」として恐れらていました。
その後、当地の和田良四郎氏が滝のほとりに厳島神社からご神体を勧請して和田神社を建て、 大蛇の霊を鎮めました。それ以降、洪水が起きたことは一度もないと言われています。

とはいえ、やはり 水量は変化する事がよくあるのか 注意書きの看板が立てられていたので滝壷(たきつぼ)などに飛び込んで泳ぐ事はしないようにご注意を。

わにぶちの滝 注意書き

▼わにぶちの滝(鰐淵の滝)
住所:東広島市福富町上戸野
地図で確認する
駐車場:無料あり

ads


あわせて読みたい

edit 『 東広島市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP