東広島でスパが人気のウイングパークホテルが閉館

広島空港そばで獅子伏温泉のスパに人気のあった東広島市のウイングパークホテルが閉館した。ホテルは所有者が変わり、リニューアルオープンする予定となっています。

山陽道の河内インターから広島空港に向かう道沿いに建つ宿泊施設 ウイングパークホテル東広島市河内町入野1296-72)が、閉館した。ウイングパークホテルは2011年から株式会社グローバルトラストが運営していた。

東広島でスパが人気のウイングパークホテルが閉館
photo ウイングパークホテル

ウイングパークホテルは近隣に空港やゴルフ場もあるため、キャビンアテンダントやゴルフの団体客などの利用客も多かったホテル。

獅子伏温泉(ししぶせおんせん)を使ったスパも評判が良かったが、突然閉館。ホームページなどでは閉館告知は一切無かった。

7月4日現在、ホームページの一部は削除され、公式twitterは6月6日、Facebookページは1月22日の時点で更新が止まっている。

ウイングパークホテルが閉館
ウイングパークホテル スパの入口

テナントとして入っていたサロンなども現在は利用できない状態だが、ホテルは建物をそのまま利用し運営者を変えてリニューアルオープンする予定となっている。尚、リニューアルオープン時期は未定。

ads


あわせて読みたい

edit 『 東広島市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP