赤猫(卑弥呼蔵)、三次市の酒蔵を改装した不思議な空間のカフェ

広島県三次市三次町太歳、県道39号線から一本中に入った所に 石畳と、昔ながらの町並みが残る通りがあり、その一角に 赤猫(卑弥呼蔵たべもの屋)があります。卑弥呼蔵 たべもの屋 赤猫 カフェの情報はこちらから。

広島県三次市三次町太歳、県道39号線から一本中に入った所に
石畳と、昔ながらの町並みが残る通りがあり、その一角に
赤猫(卑弥呼蔵たべもの屋)があります。

赤猫(卑弥呼蔵)、三次市の酒蔵を改装した不思議な空間

赤猫 は 酒蔵を改装したカフェで、
アニメと地域を掛け合わせて地域おこしをはかる
三次町北の蔵プロジェクト なども積極的に行うお店。

古い建物の白壁部分がピンクに塗られた外観は
個性的でとても見つけやすい!
とっても気になる 赤猫 に、お邪魔しました。

ads

卑弥呼蔵 たべもの屋 赤猫、店内の様子など

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像6

赤猫 の店内もまた、個性的な雰囲気が漂っています。
「すみませーん」と呼びかけてお店の方を呼び、好きな席へ。

テーブルは木製のもので椅子は小中学校にあるような椅子だったり、
お座敷風の板間には金屏風とこたつ。(こたつで猫ちゃんが熟睡中)
さらに、中2階のような空間が作られていて ここにもコタツが。
(この席も使えるのかどうかは不明。)

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像4

テーブルの上に敷かれた布や猫の石(福石猫のような感じもする)も
こだわりのようなものが感じられます。

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像

窓際のテーブルに座り、手書きのメニューを広げると
個性的なメニューも並び、オモシロイ。

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像2

初恋カルピス(370円)
とうふちょこっと(150円)
サラダちょこっと(200円)
隠岐の海 丸ごと芽かぶ焼(500円)
ダサイ中華そば(650円)
などなど。

この中から 今回はダサイ中華そば と、煮豚丼(650円)を頂くことに。
ダサイ…ってどんなの!?と不安にもなりますが、これは
太歳(ださい)町というこの地にちなんで付けられた名前だとか。
カタカナで書かれるだけで、こんなにも不安になるとは(汗)

こちらが ダサイ中華そばの現物。シンプルな出で立ちで、
キャベツと人参のサラダがのっています。
三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像11

スープはあっさりとんこつ系で麺は中太、という感じでしょうか。
全体的にあっさりとした中華そば。
三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像13

お好みで…と、ゆずこしょうを入れて食べる所もまた新しい。
沢山入れると辛いですが、柚子の香りが広がって良かったです。

煮豚丼はお味噌汁付き。
三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像14

見た目よりもしっかり味がついた薄切りの煮豚は、中華そばの
チャーシューと同じ感じ。
海苔とカイワレが乗っていますが、個人的には
「煮豚丼」としてはもう少し肉の量が欲しかったかな、という感じ。

この時は他のお客さんも居なかったという事もあってか、
店内の真ん中で「最近、敷地内にオープンさせた」という旅館の
お客さんの洗濯物をたたんでいたり、他の仕事をお店の方が
していたり…と 「ざっくばらん」な雰囲気。

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像3

飲食スペースの隣の部屋には雑貨の販売?もあったり
昔ながらの看板があったと思えば アニメ風のイラストが
飾ってあったり……と不思議な空間です!

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像8

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像5

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像10

外には気になるお化け屋敷(現在は運営していないとか。)が
作られているなど、この敷地は他とは異空間。

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像7

喫茶メニューもあるので、三次観光などの際に
足を運んでもよさそうです。

三次市 卑弥呼蔵 赤猫の 画像12

卑弥呼蔵 たべもの屋 赤猫/ホームページ
住所:広島県三次市三次町太歳1144-1
卑弥呼蔵 たべもの屋 赤猫を 地図で確認する
電話:0824-63-1713
営業時間:12時から20時
定休日:火曜日・第一水曜日
駐車場:有り(数台)

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP