フエキくんプリン、どうぶつのり がグッズ化していた

お道具箱の中に入っていた「どうぶつのり」。33年の歴史がある黄色い顔が印象的なこの「のり」フエキくん。そのフエキのりが、プリンで登場!フエキくんプリンの中身は、練乳ミルクプリンになっているようですが、外見はあの「どうぶつのり」そのもの。

子どもの頃、お道具箱の中に入っていた「どうぶつのり」。33年の歴史がある黄色い顔が印象的なこの「のり」は、2008年に「フエキくん」という名前が付いていたよう。ちなみに、フエキくんは「犬」だったらしい(笑)

そんなフエキのり が、プリンになっていたのでビックリ。

フエキくんプリン、どうぶつのり がグッズ化していた

フエキくんプリンの中身は、練乳ミルクプリンになっているようですが、外見はあの「どうぶつのり」そのもの。この中にプリンが入っているのですが、なんとも違和感…。

公式サイトによると、北海道の濃厚ミルクと、コクのあるこだわり卵を使用していて、卵アレルギーの人でも安心して食べられるのだとか。冷凍の状態で売られているので、食べる時は解凍します(4時間くらい)。

ads

フエキくん、プリン以外もコラボグッズ化いろいろ

赤い帽子のフタを取ると、容器の8割ほどまっ白なプリンが入っていました。スプーンですくってみた感じは、プリンというよりヨーグルトの感じに近く、プルンというより「なめらか」。

フエキくんプリン、中身は練乳ミルクプリン

牛乳に練乳が入っているので、トロリとした少し甘めな牛乳プリンという感じでしょうか。

ちなみに、ピンクの帽子をかぶったフエキくんプリン「いちごみるくプリン」も販売されていました。これらフエキくんプリンは、大阪駅で売っているところを見つけたのですが、大阪で限定発売されているようです。

フエキくんプリン、どうぶつのり がグッズ化していた 大阪限定

どうぶつ糊シリーズを販売している不易糊工業株式会社は、大阪府八尾市に本社があり、地元のスイーツ店 Angela(アンジェラ)とコラボして フエキくんプリンを作り、大阪名物にしたいと考えたようです。

ちなみに、フエキくんは他にもいろいろとコラボしていて

フエキくん カレー

カレーになっていたり、

フエキくん ソフトキャンディ

ソフトキャンディになっていたり。公式サイトには「フエキコスメ」なんてものも、販売されていましたよ。

不易糊工業株式会社 ホームページ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP