ピンクカレーを食べてみた!ありえない色の衝撃カレーはまるで絵具の色…ビーツで着色

鳥取生まれの刺激的なピンク色をしたカレー「華貴婦人のピンク華麗」が販売されていたので、実際に食べてみました。ピンクカレーのピンク色の元になっているのは、野菜・ビーツなどの色素

鳥取生まれの刺激的なピンク色をしたカレー「華貴婦人のピンク華麗」を、実際に食べてみました。

ピンクカレーを食べてみた!ありえない色の衝撃カレーはまるで絵具の色

このありえないカレーのピンク色は、ビーツという野菜の色素などからつけられたもの。パッケージは以下のような感じ。

ピンクカレーのパッケージ

華麗な貴婦人をイメージしているようで、ダジャレのようなネーミングになっています。

ピンクカレーはビーツの色

ピンクの元になっている野菜・ビーツというのがこれ。

ピンクカレー、鳥取県で販売

ピンクカレーはレトルトになっているので、沸騰したお湯で3~4分温めてから頂きます。

ads

みるみる食欲を失っていくピンクカレー、お味は?

温まったピンクカレーを、ゴハンと一緒にお皿に入れてみました。

ピンクカレー、色がどぎつい

パッケージをみた時の印象では、サラサラとしたカレーのイメージがあったのですが、実際にはかなりとろみ・重みのある感じのルーになっています。

ピンクカレー、色がすごい

そして、色はなかなかどぎついピンク。かなりハッキリとした濃厚なピンク色です。

ピンクカレー、ごはんと一緒に

どうしよう。全く食欲が湧いてきません。

ピンクカレー、ごはんもピンクに染まる

ごはんもあっという間に、ピンク色に染まります。

野菜もピンクに染まる…

透明感のある野菜が入っていたので何かと思ったら、じゃがいもでした。ジャガイモとは思えない染まり具合。この他に、小さな鶏肉も入っていました。

食べてみると、意外にもちゃんと普通のカレーの味がします。ビーツの香りでしょうか、少し薬膳カレーっぽい香りもしますが、気にならない程度。しかしながら、視覚からくるインパクトというのは強烈で、この色を見ながら食べ続けるのは、なかなか。。。

遠くを見ながら食べれば、普通に美味しいカレーとして頂けるのではないでしょうか。

ちなみに、ピンク以外の色に挑戦して販売しているお店もあるようで、以下のように食欲をさらに喪失させる色のカレーも存在も。

緑のカレー、リアルなグリーンカレー
photo by @Mao_Sayaka

リアルなグリーンカレー…これはツライ。味の良し悪しは分かりませんが、ビジュアルだけならピンクカレーよりもダメージを喰らいそうです。

鳥取生まれの「華貴婦人のピンク華麗」は現在、古民家カフェ・大榎庵(鳥取市大榎町3-27-1)や、鳥取港海鮮市場 かろいち(鳥取市賀露町西)で提供されており、レトルトは820円で販売されています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP