柑橘の島で見た!奥深きみかんの種類と特徴

広島や愛媛県と、瀬戸内海の温暖な気候を利用してつくられるみかん。その種類や旬などについて詳しく知ることができました。

レモンの国内生産量は広島がナンバー1!と、近年特に県をあげてPRしはじめてから私たち消費者の目にも頻繁に「瀬戸内で採れる柑橘」が映るようになったような気がします。

広島県内では呉や尾道など、特に瀬戸内海沿岸部で柑橘の生産が盛ん。瀬戸内の温暖な気候と太陽の恵みをいっぱい受けて、たくさんの柑橘がつくられます。

いつが食べ頃?柑橘の島で見たみかんの旬と種類たち

大長みかん(おおちょうみかん)せとか、はるか、デコポン、八朔…と筆者がすぐに思いつくのはこれくらいですが、しまなみ海道サイクリングで休憩ポイントとして寄った「道の駅 多々羅しまなみ公園」で興味深いポスターを発見しました。

ads

種類も呼び方もたくさん!!販売の方の苦労話も聞けた

見かけたのは、愛媛県が発行している柑橘食べ頃カレンダー柑橘旬別オールスターズのポスター。

柑橘オールスターズ ポスター
Photo by 柑橘食べ頃カレンダー

お馴染みの温州みかん、ポンカン、甘夏、いよかんから、河内晩柑(かわちばんかん)、姫のつき、紅まどんな、カラ…と珍しいものもたくさん。

その多くは、酸味と甘みのバランスなどを考えて掛け合わせて作られた品種。一つ例をあげてみると、

清美(きよみ)は、みかんにオレンジを交配したもの。豊富な果汁とまろやかな果肉が特徴。そしてその清美と「アンコールマーコット」をさらに交配させたものが高級贈答品として知られる「せとか」になる、という具合。

“みかん” と一口に言ってもたくさんの種類があり、それぞれの味わいは計算されて作られたものが多い。柑橘に限らずお米などの農作物は特にこういったものが多いですが改めて見るとその多さに驚きます。

柑橘オールスターズ 画像
Photo by 柑橘オールスターズ

柑橘旬別オールスターズのポスターは 食べるときによく悩む、「中の皮は食べられるか?食べにくいか?」などもかかれているので便利!

また、商標登録の関係や生産地の違いから同じ品種でも異なる呼び方があるよう。(例:デコポン=デコカン、でこたん、正式名称は不知火しらぬひ)

多々羅しまなみ公園の売店の方の話によると、愛媛でお馴染みの名前でも宮崎や熊本の方は違う名前で指名買いしに来るそうで話が通じないこともしばしば。

しかしそれほどに柑橘ファンは多く、好みの味を求めて取り寄せる人も多いようです。ハウス栽培されることも多いため一年中楽しめますが、柑橘のシーズンは主に12月頃から5月・6月ごろ。お気に入りの一つを求めていろいろ食べ比べるのも楽しそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP