デニムソフトにデニムまん?!倉敷美観地区に食欲湧かない名物が登場していた

岡山県倉敷市の美観地区に登場した倉敷デニムストリート。ここで販売されている世にも珍しい藍色のデニムソフトクリームを食べてみました。

広島県のお隣、岡山県倉敷市の人気観光スポット・美観地区。ここに 倉敷デニムストリートが2014年11月にオープンしています。デニム専門店が並ぶデニムストリートに、鮮やかな藍色の食べ歩きグルメが揃っていました。

デニムソフトにデニムまん?!倉敷美観地区に食欲湧かない名物が登場していた

デニムソフト(380円)、デニムバーガー(350円)、デニムまん(350円)…。

倉敷デニムストリート 外観

デニムをグルメ化してしまうとは、なんと斬新な…。全部、デニムの定番カラーである藍色に染まってしまっています。。。倉敷らしさとインパクトを備えた珍グルメ。これは食べるしかない…!ということでデニムソフトを頂きました。

ads

クリーミーなデニムソフト。だがなに味か分からなくなる

倉敷デニムストリート グルメ受付

デニムソフトを頂いてみると「さわやかラムネ味」。デニムはどんな味がするのかとドキドキしていましたが、デニムの青(藍)色をイメージした商品でした。

デニムソフト

お店の方が、盛り付けのフィニッシュをミスした事が非常に悔やまれますが(笑)、味にはデニムは関係ないのでご安心(?)を。(斬新な色のソフトとしては、しまなみ海道・大浜PAのしおなみソフトといい勝負)

デニムソフトはバニラのクリーミーさが強く、ラムネの風味はほのか。デニムストリートを散歩しながら食べると、デニムを食べているような気分になるかも?

倉敷デニムストリートの様子2

倉敷デニムストリートのデニムベンチ
(デニムベンチもある)

以下は、デニムバーガーに挑戦した方の写真ですが、こちらもかなり衝撃的!

このほか、ホカホカの状態で出番を待つデニムまん、ブルージーン酢(ブルーベリー味)もありました。

倉敷デニムストリートのグルメ デニムまん

倉敷デニムストリートのグルメ ブルージーン酢

美観地区の建物は、江戸・明治時代につくられた白壁の邸宅や土蔵などが軒を連ねており、しっとりとしたオトナの町並み。そんな中に出現した倉敷デニムストリート。この奥には倉敷出身である星野仙一さんの記念館もありましたよ。

倉敷デニムストリート 奥にある星野仙一記念館

デニムストリートは、倉敷の児島地区にある「ジーンズストリート」とは異なりますのでご注意を!

倉敷デニムストリート
住所 岡山県倉敷市中央1丁目10-11
営業時間 10時から17時
電話番号 086-436-6218

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP