アストラムライン20周年イベント、基地見学からシミュレーター体験も

アストラムラインが開業してから2014年8月20日で20周年となることを記念し、20周年事業が7月から8月にかけていろんな形で行われます。イベント詳細はこちら

アストラムラインが開業してから2014年8月20日で20周年となることを記念し、20周年事業が7月から8月にかけていろんな形で行われます。

アストラムライン20周年イベント、基地見学からシミュレーター体験も
Photo by LERK

アストラムラインは1994年に開催された広島アジア大会の会場(広域公園内 ビッグアーチ)へのアクセス路線としてつくられ、中区本通りから広域公園前までをつないでいて現在は通勤・通学・サンフレ観戦路線としても利用されています。

20周年記事業はアニバーサリートレインが運行されたり、広島市交通科学館で「アストラムラインパーフェクトガイド」という行事も開催されたりといつもできない体験やアストラムラインを支える人たちの仕事を見られたりできる期間になります。

ads

アストラムライン開業20周年記念事業の内容は

20周年を記念して行われる行事は以下の5つ。

・アニバーサリートレイン「明日トラム号」の運行(8月20日)
普段乗車できない「引込線」や洗車線で車両に乗ったまま洗浄機を通る体験。
特別駅長のサンチェ・フレッチェも同乗

・今年20歳になる1日駅長がイベントをガイド(8月20日)
アニバーサリートレイン「明日トラム号」列車内でのアトラクションの司会や車両基地見学会でのガイドなど(スタッフのサポート付き)

・車両基地見学会(8月11日から17日まで)
普段は公開されていない車検棟や入出庫線などの見学ができる。
※当日、長楽寺駅改札内に用意される「アストラムライン利用証明書」の提示が必要

・パネル展(7月18日から8月31日まで)
本通りシャレオ方面連絡通路にてアストラムラインの安全を支える人々の写真パネル展覧会(自由観覧)

・Jリーグ親子ペア観戦招待券プレゼント(サンフレ共催)
広島交通科学館やアストラムラインの駅に掲出されるポスターにあるQRコードを読みこみ、応募すると抽選で親子100組に9月13日のサンフレvsガンバ大阪戦チケットが当たる。応募期間は7月18日から8月31日まで

また、広島交通科学館では8月18日から31日まで、アストラムラインを支える人たちの仕事を紹介したり、アストラムラインの模擬運転を体験できる「運転シミュレーター」が登場予定。

これらのイベントについて応募・詳細はアストラムライン(広島高速交通株式会社)のホームページをご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP