広島でスタート!未来の遊園地、遊んで体感するデジタルアートの世界

デジタル技術を駆使した、美術館のようで、遊園地のよう な体験型イベント「学ぶ!未来の遊園地」が 1月30日から イオンモール広島祇園にて開催されます。各アトラクションの様子を写真と動画でご紹介。

2015年1月30日(金)からイオンモール広島祇園にて開催スタートする参加型のデジタル美術館、「学ぶ!未来の遊園地」の広島での公開前に、一足早く大人もワクワクする「お絵かき水族館」などを実際に体験してきました。

学ぶ!未来の遊園地は、全国各地のショッピングモールなどを巡回している人気イベントで最新デジタルアート。今回 広島初上陸となります。

学ぶ!未来の遊園地、広島初上陸の 触って遊んで学べるデジタルアート

今回のこのイベントはデジタル技術を駆使した、美術館のようで遊園地のような不思議なもの。

イオンモール広島祇園3階の一角のイベントスペースに設置された「学ぶ!未来の遊園地」は、入口の黒いカーテンをくぐって中に入ると、その先には子供たちがイキイキと体験して遊べる空間がありました。

ads

絵にタッチ! 動き出すデジタルアートを体験できるチームラボの世界

イオンモール広島祇園で開催される「学ぶ!未来の遊園地」では、5つのアトラクションを遊ぶ事ができます。まずはその様子を以下のダイジェスト動画にてご覧ください。

▼ここで遊べるアトラクションは以下

お絵かき水族館
海の生き物(イカやクマノミ、タツノオトシゴなど)のぬり絵にクレヨンで色づけしてスキャンすると、巨大スクリーンに映された「水族館(水槽)」にそれらが放たれる。触れる事で魚が逃げて行ったり、エサをやることもできる。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 光のボールでオーケストラ

光のボールでオーケストラ
叩いたり転がしたりすると色が変わったり音が鳴ったりする光のボール。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 光のボールでオーケストラ

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり
お絵描き水族館よりも、ちょっとオトナな雰囲気のアトラクション。上から降ってくる「鳥」や「山」などの象形文字にタッチすると 巨大スクリーンには山のアートが出現したり 鳥が沢山羽ばたいて飛びだしてきます。

それぞれ、文字が形になって物語を作っているような感じ。象形文字がどのような意味を持つのか?が、だんだんと分かってきます。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 画像2

小人が住まうテーブル
小人が住み、歩き回るところに手や者を置いたりするとこれを飛び越えたり飛び乗ったりしてくる。テーブル中央に流れる星に小人などが触れると、星が散らばってキレイ。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 小人が住まうテーブル

天才ケンケンパ
子供の頃にみんなが遊んだ、「ケンケンパ」のデジタルバージョン。白い床に映し出された「○△□」を踏んで行くと音が鳴ったり光ったり。また、「同じ形」や「同じ色」を同時に踏んだするとまた異なる “光のエフェクト(効果)” が現れる。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 天才ケンケンパ

それぞれのアトラクションには、遊び方の説明書きもありますが たいていはそれを読まなくても楽しめ、直感的なひらめきで遊ぶ事ができます。

これらを手がける「チームラボ」の方にお話を伺うと、「こんなのがあったらいいのにな(楽しいな)」という、純粋なその想いがこういったアトラクションを生み出したのだそう。

また、「手のひらサイズの画面から飛び出した “デジタル” を、もっと体で感じるものとして子供たちに触れさせたい」とも言われていました。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 外観

広島での開催は、3月1日までの約1ヵ月間となっています。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地
開催日 2015年1月30日から3月1日まで
場所 イオンモール広島祇園3階(広島県広島市安佐南区祇園3丁目2-1)
時間 平日 13時から19時/土日祝日 10時から20時
入場料 当日券 大人(中学生以上)1200円/こども(3歳から小学生) 600円

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP