お好み焼き 平の屋、溶き卵で仕上げる府中焼きのお店

府中市・府中焼きの老舗、お好み焼き 平の屋は完成前に生卵(溶き卵)をトローっとかける独自のスタイル。時々出てくるカリカリミンチの食感がグッド。

広島県府中市中心部にある商店街を抜けた場所にある お好み焼き平の屋。

お好み焼き 平の屋、フワとろ卵に時々カリッな府中焼き

昔ながらの白壁造りの建物で、清潔感のある外観です。

府中 平の屋の外観

平の屋の「お好み焼き」はミンチを使って焼く “府中焼き”スタイル。これに加えて、最後に溶き卵でフワっと仕上げるのが特徴的なお店です。

ads

出来上がったお好み焼きに溶き卵をかける、仕上げが斬新な府中焼き

小麦粉などを水で溶いた生地に野菜・肉・麺を重ねて焼いていく広島のお好み焼き。その多くは豚バラ肉を使うのが一般的ですが、府中市のお好み焼き「府中焼き」はミンチ肉が使われています。

平の屋でも、注文が入るとすぐに鉄板に薄く丸い生地をひいて、細切りのキャベツをどっさり盛る。

府中 平の屋 お好み焼きを作っているところ

この上にミンチや天かすがのり、ひっくり返してゆっくりと焼いていく。

キャベツが蒸されて少しずつ平らになってくると、その上から大きなヘラでギュギュっと押さえる。その圧でミンチの脂がじんわり出てくるのが分かります。

府中 平の屋 お好み焼きを作っているところ2

府中 平の屋 お好み焼きを作っているところ3

通常なら、丸く焼いた卵の上にこれまで重ね焼いたものをそっとのせてひっくり返し、ソースをかけて完成…となりますが、平の屋では卵は最後に登場します。

府中 平の屋 お好み焼きを作っているところ4

ソースをぬったら溶き卵をトローっとかける。もちろん生卵なので流れ落ちてしまうのですが、少し焼けてきたらトロトロになった玉子をすくいあげてのせていきます。かつお・ネギをのせて完成。

府中 平の屋 お好み焼きを作っているところ5

府中 平の屋 お好み焼きの写真

ヘラでカットして食べていくと、“卵かけごはん”のように卵が麺に絡んでくる。ソースの味がまろやかになって、やさしい味です。生卵が苦手な方は、注文時に伝えておくと焼いてくれます。

府中焼きといえば「さち」のように外側はミンチの脂でパリパリに揚げ焼かれているイメージでしたが、こちらは比較的柔らかめ。食べ進めていくと、真ん中あたりでカリカリミンチが出てきて、上のトロトロ卵との食感の違いがおもしろい。

府中 平の屋 店内の様子

店内はV字型にキッチンを囲む鉄板のカウンター席と、奥には鉄板付きテーブルのお座敷も。

府中 平の屋 店内の様子2

商店街を抜けた、川沿いのお店。さらさらと流れる川の音にも癒される場所です。

府中 平の屋 外観

お好み焼き 平の屋
住所 広島県府中市出口町1102(地図
営業時間 11時~21時
定休日 火曜日
問合せ 0847-41-4574

ads


あわせて読みたい

edit 『 府中市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP