呉菓子大博覧会、広島県呉市で海軍さんが愛したお菓子が蘇る

海軍さんが愛したスイーツを忠実に再現した、懐かしくてあたらしい品が並ぶ「アッタラシイ呉菓子大博覧会」。2016年9月22日10時~呉市大和ミュージアム前の広場にて開催されます。

呉の懐かしい味を発信するイベント「アッタラシイ呉菓子大博覧会」が2016年9月22日(祝)の10時~15時に開催されます。

呉菓子大博覧会、広島県呉市で海軍さんが愛したお菓子が蘇る

アッタラシイ呉菓子大博覧会とは、海軍の補給艦「間宮」で作られ、厳しい毎日を送る海軍さんたちの癒しとして愛された「羊羹」をはじめ、最中・アイス・ドーナツ・パンなどのスイーツを再現し販売するイベント。

第1回目の開催した2016年春には、10時開始のイベントで11時には食べ物が品切れるほど大盛況に。これに続いて9月22日に第2回の開催が決定しました。

海軍氏研究科の齋藤義朗氏が監修し、呉市のお菓子屋さんやパン屋さん協力のもとに現代に復活。懐かしくて、あたらしい商品が揃います。お菓子のほか、お弁当も有り。

ads

アッタラシイ呉菓子博覧会 出品商品一例

アッタラシイ呉菓子博覧会 前回開催時の様子
アッタラシイ呉菓子博覧会 前回開催時の様子

  • 艦上アイスクリーム(製作:萌木野
  • ドーナツ・ケーキ(製作:粉こから)
  • 大和むすび(製作:五月荘)
  • 間宮昭和二年試作型製麺麭・ウズマキ型スネキパン(製作:メロンパン
  • 呉海軍工廠の工員弁当(製作:すてらダイニング)
  • 巡洋艦青葉の伊太利コロッケ(製作:すてらダイニング)
  • 海軍旗のボルボローネ(パティスリーアローム)

「海軍旗のボルボローネ」は、第二回の開催に合わせてつくられた新商品。

かつて呉のお土産ものとして作られていた落雁(らくがん)。これを作るために使用されていた木型が発見された事から、現代風のスイーツ「ボルボローネ」にアレンジして再現されました。

アッタラシイ呉菓子大博覧会 ボルボローネ
写真はイベント主催の「ブループロジェクト」が3Dプリンターで複製した木枠

「第二回 アッタラシイ呉菓子大博覧会」は、呉市大和ミュージアム前広場で開催。半年に1度開催する呉の魅力発信イベント「レンガパークマーケット」と同時開催されます。

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP