呉市 稚児明神祭、妊婦さんに嬉しいご利益!1年に一度 海上からのお参り

広島県呉市安浦にて、2012年も 稚児明神祭(ちご みょうじんさい)があります。稚児明神 とは、安産をはじめとする子育て支援の神様のこと。安浦に残る 平家伝説も紹介しています。母乳が出るように…と祈願するお祭り 稚児明神祭について詳細はこちらから。

広島県呉市安浦にて、2012年も 稚児明神祭(ちご みょうじんさい)があります。稚児明神 とは、安産をはじめとする子育て支援の神様のこと。

稚児明神は 海に浮かぶ社(やしろ)で、普段はなかなか参拝することができませんが 毎年4月に行われる 稚児明神祭の時にだけ船が出て、お参りすることができるそうです。

呉市 稚児明神祭、妊婦さんに嬉しいご利益
Photo by yasuura-yumekobo.com

これは、安浦に残る平家伝説が縁とも言われています。

稚児明神に残る平家伝説

1180年に平清盛の大軍に攻められた 源頼政は切腹。頼朝の奥方「あやめの前」は生まれたばかりの種若丸を連れて船で西に逃れる際にこの地にたどり着いたが、これまでの疲れのせいか、飲ませる乳も出なくなってしまった。 そんな時、子供の成長を祈願する岩がある事を聞きつけた乳母は これにお祈り。その後はすっかり体もよくなり、乳も出るようになった。それ以来、ここを稚児の明神と名付けた。
viaやすうら夢工房

今でも 妊婦さんなどが 安産祈願や、乳が出るように…と願い ここを参拝するとか。

大河ドラマ 平清盛の海上シーンが撮影された 安浦町には、こういった話もあるんですね! 安浦町まちづくり協議会のホームページ「やすうら夢工房」ではこの他にも 安浦の桜の開花情報・スポットや グルメなどが掲載されているので 安浦方面に遊びに行かれる時は要チェック。

ちなみに、平清盛のロケが行われた際のエピソードも 沢山の写真付きで紹介されていますよ♪

▼稚児明神祭
日にち:2012年4月22日(日)
出航:9時
乗船の定員は50名。申し込みは4月17日までに安浦市民センター地域恊働(TEL:0823-84-2261)まで
稚児明神祭について(pdfファイル)

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP