呉の第二音戸大橋を渡ってみた!渡った先には塩の山

音戸の瀬戸をまたぐ 第二音戸大橋が2013年3月27日から共用開始となりました。なので、実際に車で くれ本土から音戸側へ渡ってみました。音戸に渡り、警固屋音戸バイパスを降りたその先に見えたものとは…。

音戸の瀬戸をまたぐ 第二音戸大橋が2013年3月27日から共用開始となりました。

第二音戸大橋についてはアーチ部の接合開通前ウォーキングイベント などと当サイトでも進捗状況を追ってきましたが 開通後の今回は、実際に車で渡ってみました。

呉の第二音戸大橋を渡ってみた!渡った先には塩の山

赤く巨大な第二音戸大橋。呉本土側からこの橋を渡るには、呉市警固屋4-9辺り(フレスタ警固屋店前)からのぼっていく高架へ入ります。

警固屋トンネルを抜けて、いざ第二音戸大橋を渡ります。

ads

第二音戸大橋(警固屋音戸バイパス)を渡ると 白い塩の島が出現!

警固屋トンネルを抜けて音戸側に渡って行く様子、まずは動画でご覧ください。

新しい道路は走りやすくて気持ちがいい!

呉 第二音戸大橋 ウォーキングイベントの様子
※写真は開通前 ウォーキングイベントの時の様子。現在は車道を歩く事はできません

橋を渡り、今度は音戸トンネルを抜けて行くとその先には音戸沖に浮かぶ白い塩の山、三ツ子島が現れました。第二音戸大橋を含むこの道は呉市警固屋4丁目から呉市音戸町大字音戸を結ぶ警固屋音戸バイパス。

第2音戸大橋 地図
map by Google map

呉市中心部から倉橋島の北側を通り 江田島方面に行く場合はこの 警固屋音戸バイパスを利用するとスムーズ。しかし途中で降りる事はできないため、倉橋島の南側・桂浜方面へは 今まで通り音戸大橋を通った方がよさそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP