呉市 大崎下島(御手洗)のマンホール

広島県呉市にある島、大崎下島の御手洗(みたらい)にあるデザインマンホール。御手洗といえば、映画「ももへの手紙」の舞台にもなった風景がある島。この町のシンボル的存在の高燈籠(たかどうろう)や、御手洗の町並みが、可愛くマンホールに描かれていました。

広島県呉市にある島、大崎下島の御手洗(みたらい)にあるデザインマンホール。御手洗といえば、映画「ももへの手紙」の舞台にもなった風景がある島。この町のシンボル的存在の高燈籠(たかどうろう)が、可愛くマンホールに描かれていました。

呉市 大崎下島(御手洗)のマンホール

マンホールに描かれている高灯篭のある場所は、江戸時代の頃は船乗りたちが潮待ち・風待ちをする港町だったため、宿や遊郭があって賑わっていた場所。今もその面影が残っていて、レトロな町並みがとてもいい雰囲気を醸し出しています。

そんな町並みに合わせてか、マンホールも御手洗の風景が描かれているものが多い。消火栓も御手洗の町並みが描かれていて、

呉市 大崎下島(御手洗)のマンホール

電話やCATVのマンホールは、デザインは一緒で縁なしの以下のようなもの、

呉市 大崎下島(御手洗)のマンホール 電話やCATV

また、空気弁のマンホールも、デザインは同じで青い縁となっていました。

呉市 大崎下島(御手洗)のマンホール 空気弁

町並みの雰囲気を壊さないように、マンホールのデザインも工夫されているんですね。

ももへの手紙の あのシーンにも登場した、御手洗の高灯篭
大崎下島・御手洗に関する、その他の話題

その他、広島県のデザインマンホール集

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP