コンクリート船 武智丸、呉市に防波堤化した廃船のある風景

もともと貨物船として使われていたコンクリート船・武智丸が、広島県呉市にて防波堤として風景に溶け込んでいました。安浦漁港にある2隻の武智丸の船内の様子など。

安浦漁港(広島県呉市)内に、コンクリート船・武智丸があります。コンクリートで造られた船というのは珍しく、個人的にも初めて目にしました。武智丸はかつて貨物船として使われていた、本物の船です。

コンクリート船 武智丸、呉市に防波堤化した廃船のある風景

遠目に見ると、港に溶け込んでいるため船とは気づきにくいのですが、近づいてみると確かに船です!

武智丸は、昭和19年・太平洋戦争末期に軍需物質の輸送のために造られた船。戦時中だった当時の鋼材不足を補うために、コンクリートで船を造ったのだそうです。

貨物船として働いたのは昭和19年から20年までで、戦後、防波堤がなく台風被害の多かった安浦漁港に欲しいと当時の漁協組合長が奔走し、昭和22年に防波堤として2隻並べて据え付けられることになりました。

コンクリート船 武智丸、2隻並んで安浦漁港に

貨物船として造られた船ですが、防波堤としての歴史のほうが断然長いようです。

ads

2隻のコンクリート船・武智丸の内部の様子

武智丸の入り口部分には金網があり「立ち入り禁止」の看板が掲げられていました。

どうやら一般には立ち入る事ができないようです。が、今回は地元の方に許可を頂き、中に入らせて貰うことが出来ましたので、武智丸の様子をしっかりリポートしたいと思います。

コンクリート船・武智丸の内部

実際に武智丸に乗り込むと、これが本物の船として使われていたことを実感します。船首に立つと、船の形や面影がしっかりと残っています。

今立っているこの船が、第一武智丸(国道側)。武智丸の船幅は10mで、船長は64m。

武智丸、船内の様子

中央にある大きなスペースには、雨水なのか水でいっぱいになった生簀のようなスペースも。そして船の片側には、2隻をつなぐ手すり付きの通路が取り付けてありました。

武智丸の船室

船の先端と後ろ部分には船室のような空間もあり、中に入ってみると

武智丸の船首に、屋根付きスペースが

コンクリート船の床からたくましく雑草が生え、廃墟化した空間がありました。

武智丸の船内に窓が

小窓も取り付けられていたようです。この場所を上から見ると、以下のような感じ。

廃墟化した武智丸の様子

むき出しになったボルトがたくさん付いていたため、おそらく昔は屋根が付いていたのではないかと予想されます。

第1武智丸から、第2武智丸へ渡る

取り付けられた通路を進んで、第2武智丸(海側)へと渡ります。

第1武智丸から、第2武智丸へ

するともう1つの船も、先ほどとほぼ同じ造りの船となっていました。

第2武智丸、海側に据え付けられたコンクリート船

第2武智丸の先には、防波堤が延長されていて

第2武智丸と防波堤

その先に、灯台が備え付けつけられていました。

武智丸の先に灯台が

安浦漁港の灯台

灯台側から見た第2武智丸。尖った船首があり、船の形を側面からも確認することができました。

第2武智丸の船首を灯台側から見た様子

船に乗り込むと、貨物船として働いていた当時の様子がイメージできますが、強固なその造りが生かされ、今は静かに安浦港の安全を見守る防波堤として機能しています。

呉市安浦漁港に防波堤になったコンクリート船の武智丸

ちなみに、武智丸は4隻つくられたうちの3隻が広島県にあります。2隻が呉市安浦町の安浦漁港にあり、もう1隻は呉市音戸の音戸漁港で同じく防波堤として使われていますが、

安浦漁港のように綺麗な形では残っておらず、一部が防波堤として使われています。かつて船だったと言われないと全く気づかないほど、船の形は残っていないようです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP