呉市 クレイトンベイホテルで、ロボット「ペッパー」がコンシェルジュに

お客様への観光案内などにAI技術を生かそうと、クレイトンベイホテル(呉市)がロボット Pepper(ペッパー)をコンシェルジュとして採用しました。

人型ロボット Pepper(ペッパー)をコンシェルジュに採用したと、広島県呉市クレイトンベイホテルが発表しました。

呉市 クレイトンベイホテルで、ロボット「ペッパー」がコンシェルジュに

Pepperのコンシェルジュとしての仕事は、ホテル1Fロビーでお客様をお出迎えし、簡単な挨拶や会話をすること。また今後はトレーニングしていき、館内のご案内や観光案内などの業務を行っていく予定。

クレイトンベイホテルでペッパーがコンシェルジュ
ホテルの入社式で仕事をするPepper(ペッパー)

また将来的に訪日外国人の増加も予想されることから、多言語対応し観光案内の一翼をPepperに担ってもらう考えとのこと。

クレイトンベイホテルは、PepperにAI(人工知能)の利点を生かして活躍してもらう事で、人にしかできない付加価値の高い仕事を充実化させ、より支持してもらえるホテル運営を目指していくとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP