可部駅、JR可部線の終着駅が綺麗に生まれ変わっていた

可部駅の前を久々に通ったところ、可部駅がとっても綺麗でシックな駅に生まれ変わっていました

可部駅の前を久々に通ったら、可部駅がとっても綺麗でシックな駅に生まれ変わっていました。

可部駅 JR可部線終着駅が、綺麗に生まれ変わっていた

JR可部線は、横川駅から可部駅までを結ぶ路線。利用者が減る前は、可部駅よりも先まで走っていましたが、現在は縮小されています。

数少ない単線で、可部線の電車の扉は手動式。最近では、全駅でICOCA(イコカ)などの利用が可能になったため、可部線沿いの小さな駅でも自動改札に切り替わっています。

駅が綺麗に生まれ変わった可部駅にも、自動改札が導入されていました。

ads

JR 可部駅が新しくなっていた!駅構内と周辺の様子

新しくなった可部駅の様子

新しくなった可部駅の自動改札

ピカピカの自動改札。

可部駅 で新しくなったのは駅の建物自体なのかとおもったていたのですが、駅舎というよりは可部駅前にある、バスターミナル が綺麗に整備されていました。

駅構内に綺麗に整備されて充実したバスターミナルとロータリーなどが出来てました。

可部駅の様子、バスターミナル

可部駅 の大きさに比べるとバスロータリー が、とにかく広い!

等間隔にベンチも設置してあり、バスを待っている風でもないおばあちゃんが ひなたぼっこをしている姿も。

可部駅のベンチ

バスロータリー の横には、お迎えの自家用車が停車できるスペースも作ってあります。

可部駅のロータリーの様子

可部駅に巨大な釜

何故か、デッカイお釜(?)が飾られていたり。

ターミナル側から 可部駅 に向う入り口には可愛いアーチがあって、そこを抜けると改札口前に出ます。

可部駅の様子2

アーチをくぐると、すぐ線路とホームが見えます。

バスターミナルがかなり綺麗になっているので、可部駅のホームの古さがちょっぴり際立ちます。

可部駅のホーム

ホーム内にある、時刻の掲示板も昔のまんま。

可部駅の看板

電光掲示板に切り替えている駅が多いなか、このタイプはちょっと貴重になってきました。なんだか、味があります。

可部駅のキヨスク

小さい駅なのに、ちゃんとキヨスクも。

可部駅の駅長室

そして、駅長室を横切って進むと、可部駅正面入り口に出ました。

可部駅、正面入り口

表と裏側(バスターミナル側)とでは随分違うからビックリ。可部線は個人的にはまだ1度も乗ったことが無いので、是非一度乗って「手動扉」を体験してみたい。

可部駅の看板2

▼ 可部駅
広島市安佐北区可部二丁目27-63

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐北区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP