須波港の たこ焼き!三原で、どデカいタコ入り たこ焼きが人気

広島県三原市、たこの漁獲が盛な「タコの町」の 有名なたこ焼きが 須波港(すなみ港)で販売されています!

広島県三原市、たこの漁獲が盛な「タコの町」の 有名なたこ焼きが 瀬戸田(尾道市)と三原を結ぶフェリー乗り場 須波港(すなみ港)で販売されています!

須波港(すなみ港)は、すなみ海浜公園や筆影山も近くサイクリストもよく通るという国道185号線沿いにある港。

須波港の たこ焼き、さすがタコの町 三原

この港にある、小さな売店で作られるたこ焼きが実はとっても有名!

須波港の入口には大きくたこ焼きの看板が掲げられ、駐車場にはすでにタコ焼きを焼くいい香りが立ち込めています。

ads

大タコ入り!形もワイルドな須波港の名物 たこやき

須波港のたこ焼きは4個入り250円、8個入り480円でネギやマヨネーズのトッピングが+30円。

須波港のたこ焼き 売り場の画像

注文すると、「15分くらいお待ちいただきますが…」と。『今から焼き始めるのかなぁ』なんてのんびり構えていると、続々とひっきりなしにくるお客さん。

小さな男の子がお金を握りしめてやってきたり 犬の散歩の途中の人など、フェリーを利用する人よりも たこ焼き目当てで訪れる人の方が多いようです。

さっそく焼きたてのたこ焼き(これは8個入りにトッピングねぎ30円追加)にかぶりつくと、巨大なぶつ切りタコが口の中で踊る!

須波港のたこ焼き 8個入り

須波港のたこ焼き の大きなたこ

須波港のたこ焼き のタコ

他のお店のたこ焼きのタコからすると、倍くらいあるのではないか?というくらい。野菜もしっかり入っていて、この時かかっていたソースはちょっと少な目?という印象でしたが、生地も美味しくて満足感もあります。

焼き型からはみ出るほどの野菜とたこを入れて焼くため、焼きあがったらヘラで堺に切り目を入れて出すそうなので

きれいな丸型…とはいえずワイルドな仕上がりですが、ザ・B級グルメという感じでそれもまたイイですよ。

あたたかい季節には、目の前に広がる海やしまなみを眺めながら食べるのもおすすめです!ただし、ゴミはそのままにせず持ち帰るか指定の場所に捨てましょう。

須波港の売店の外観1

須波港の売店の外観2

※以前、たこ焼きの販売がなくなったこともあったようですが2013年1月にお邪魔したときには復活しており大盛況でした。

▼須波港
住所:広島県三原市須波西1丁目2-1
TEL :0848-67-4025
売店営業時間:平日6:30から16:30
たこやき営業時間 10:00~16:00
定休日:無休

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP