テングソースは渋い天狗が目印、三原の濃厚ソース

広島県三原市で製造されている テングソース(テングお好みソース)。濃いめ(黒っぽい)の色ですが、野菜と果物の甘みがきいてます。

広島県三原市で製造されている テングソース(テングお好みソース)。

「広島名物・お好み焼き」と一口に言っても、県内各所で特産素材を入れたりする「ご当地お好み焼き」が沢山でている中お好み焼きの味の決め手、お好みソースもまた地域やお店によって違います!(広島のNo1お好みはどれだ!広島てっぱんグランプリ)

テングソースは渋い天狗が目印、三原の濃厚ソース

テングソースは地元「中間醸造」さんがつくる、三原市民の味としてお馴染みですが オタフクソースで育った筆者は お好み焼てっちゃんで初めて出会った味でした。

テングソースの特徴はなんといってもその色の濃さ(黒っぽい)とそのとろみ。関西のお好みソースをイメージさせますが、個人的にはテングソースに軍配!

ads

三原のクセになる味、テングソース

テングソースは三原市周辺にて販売されている”地ソース”ですが、三原市民御用達のジャスコ(JR三原駅近くのイオン)でも取扱いが始まったのはここ数年の事、という ちょっとマニアックな(?)ソースだったりします。

テングソース 画像
(筆者は三原市のお隣、尾道市のカフェ ゆーゆーにて購入。ここでは500ml瓶入り420円でした。)

このテングソース、とろっとしているため瓶から出すときには 逆さに向けて”トントン”するか 出てくるのをじっと待つか…という感じですが、出してしまえば なぜか ちょっとサラっとしてくるから不思議。

テングソース 画像2

三原 お好み焼てっちゃん 出来上がりの写真
(てっちゃんのお好み焼きもけっこう黒く見えた)

その色黒さから「すごく濃そう…」とイメージしますが ウスターソース系の味に野菜や果物の甘さ、そしてちょっとしたスパイシーさ。お好み焼きだけでなく、炒め物にもバッチリ合いました。(焼きそばにも、もちろんグー!)

テングソース 画像3
(テングソースをけっこう使ったけど、そんなに黒くならない!)

この他、邪道かもしれませんが揚げ物にも合いそうな感じ。根強いファンが多いテングソース、三原ではそんなご当地の味を楽しんでみては。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP