三原の味 オギロパン、シャリシャリバター・コッペパンが懐かしい

県内最古とも言われる三原市の老舗パン屋さん、オギロパン。看板メニューのシャリシャリバターパンなど、懐かしいラインナップ!

三原市で大正時代から代々続いている老舗パン屋さん、オギロパン。

オギロパンといえば「シャリシャリバターパン」「コッペパン」などが看板商品。三原で古くから愛され続けるパン屋さん、どんな味がするのか三原市皆実にある本店にお邪魔しました。

三原の味 オギロパン、シャリシャリバター・コッペパンが懐かしい

国道2号線沿いにあるオギロパン本店は、本社・工場併設の店舗になっていました。時代を感じる雰囲気の店舗で、人気パンをチェックしてみました。

ads

どこか懐かしさを感じるオギロパンのラインナップ

今回お邪魔した際に店頭に並んでいたのは、メロンパン・フレンチトースト・ミルクフランス・ねじりパン・チョコパン・桜あんパン などベーシックなものから、季節を感じさせるメニューもありました。

オギロパン ラインナップ

価格は1個100円台~300円台くらいまで。

オギロパン ラインナップ2

訪れたのが夕方だったため、オギロパンの看板メニュー「シャリシャリバターパン」は売り切れてしまっていましたが、

シャリシャリバターパンには金時・ブルーベリー・レモンなど色んなジャムや餡入りのものがあったため、この中から「レモンのシャリシャリバター」をチョイス。

オギロパン シャリシャリバターパン

オギロパン シャリシャリバターパン2

やわらかいパンに切り目を入れ、クリームをサンドしたもの。「バター」という名前が付いていますが、挟んであるクリームはホイップされていて口当たりも軽いので食べやすい。

そこに砂糖の細かなつぶつぶが噛む度にシャリシャリとアクセントを加え、シンプルだけどハマりそうなパンでした。

また、オギロパンのもう一つの看板商品・コッペパンは、呉のパン屋さん「メロンパン」と同じく、一般的にメロンパンと呼ばれているものを コッペパンと呼んでいました。

(オギロパンで「メロンパン」と名のついたパンは、ラグビーボール型で中にあんこが入ったものでした)

オギロパン コッペパン

シャリシャリバターも、コッペパンも、どちらとも昭和20~30年代頃からオギロパンで製造・販売されていたという、昔ながらの人気パンです。

また、この他にも揚げパンにチョコレートがかかった「カリント」など、初めてオギロパンのパンを食べてもどこか懐かしい印象を受けるパンたちでした。

オギロパン カリント

オギロパンの直営店は本店の他に、三原市城町にあるイオン三原店(1F)。この他、三原市内のスーパーでの販売や、広島市内での出張販売をされる事もあるとのこと。

オギロパン本店
住所 広島県三原市皆実3丁目1-32
営業時間 7時から19時
定休日 日曜日・祝日
問合せ (0848)62-2383

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP