流星ワゴン 2話に登場した、鞆の浦 「福山銀行」

1月25日に放送された流星ワゴン2話。永田一雄(西島秀俊)の父・忠さん(香川照之)が銀行に融資を頼むため頭を下げるというシーンで福山銀行登場。ロケはしまなみ信用金庫で行われました

流星ワゴン 2話が、1月25日に放送されました。再び回想シーンでは1話に続いて広島県福山市鞆の浦の風景がたくさん登場しましたが、その中でも今回のストーリーで1つのポイントとなった場所が、福山銀行。

流星ワゴン 2話に登場した「福山銀行」

福山銀行というのは実在しそうな名前ですが、実際には存在しない銀行名。第2話の銀行シーンにはロケ地として「しまなみ信用金庫 鞆支店」が登場しました。

ads

流星ワゴン 第2話には、福山のエキストラも出演

しまなみ信用金庫は広島県三原市に本店を置く信用金庫で、三原市・尾道市・福山市・東広島市・庄原市と広島県内でも東部のみに店舗を構えています。

流星ワゴンの福山銀行のロケ地は、しまなみ信用金庫

ドラマ 流星ワゴンのロケ地となった しまなみ信用金庫 鞆支店(広島県福山市鞆町鞆532)は、店舗が鞆の町並みによく合った、古くて雰囲気のある建物の1階にあります。

流星ワゴンのストーリーの中では、この銀行で主人公の父・永田忠雄(香川照之)が家族を守るために銀行から苦渋の決断を迫られます。

またこの場所でロケが行われた時は、銀行員や銀行の中にいたお客など、18歳から70歳までのエキストラが募集され、実際にエキストラも一緒に出演したようです。

流星ワゴンの第2話を見逃してしまった方は、公式サイトにて7日間限定で最新話を動画で見ることが出来ますので、是非ご覧ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP