400種500本の椿を公開、平家谷つばき園(福山)で

全国から集めた約400種類・500本の椿が咲き誇る、平家谷つばき園(福山市沼隈町)が2017年3月10日から4月下旬頃まで開園となります。春のお花見散歩はいかが?

広島県福山市の平家谷つばき園が2017年3月10日から開園、庭園に咲き誇る椿を愛でながら春の庭園散策ができます。

400種500本の椿を公開、平家谷つばき園(福山)で
写真はイメージ

園内には小川や滝が流れる庭園が広がっており、侘助椿(わびすけつばき)や四海波(しかいなみ)・金魚椿・黒椿…といった、珍しい品種を含む約400種類500本の椿を楽しむことが出来ます。

平家谷つばき園は、沼隈町横倉地区の「平家谷」というエリアにあり、この地名は平清盛の甥・通盛(みちもり)が隠れ住んだという伝説から名付けられたそう。

このため平家谷周辺には平家にまつわる多数の伝説が残っており、平家谷つばき園開園中には休憩所で「平家餅」や「平家谷せんべい」の販売もされます。

開園期間は3月10日(金)から4月下旬までで、毎日9時~17時まで入園可能(期間中は無休)。料金は15歳以上が500円、6歳以上15歳未満は200円。無料駐車場あり。問い合わせは平家谷ふるさと振興会(084-988-0178)まで。(参考

ads

LINEでこのページを送る

2017.03.07 11:30 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP