福山市鞆の浦 は日本で唯一、「江戸時代の港の形状」が残る町!

福山の観光スポットで古き良き町並みが残る、鞆の浦(とものうら)。ここには日本で唯一「江戸時代の港の形状」が残っています。

崖の上のポニョの舞台としても有名な、福山市鞆の浦(とものうら)。風情ある町並みが美しく、観光地としても人気が高い鞆の浦は、日本で唯一 「江戸時代の港の形状」が残る町です。

あの宮崎駿 監督も、崖の上のポニョ のストーリーを鞆の浦の風景の中から生み出した、と言われています。

福山市鞆の浦 は日本で唯一、江戸時代の港の形状

日本で唯一、「江戸時代の港の形状」が残されている街ということで、足を運んだ時には是非とも、その風景をチェックしてみてください。

鞆の浦に江戸時代から残る港湾施設というのは、以下の5つ。

ads

鞆の浦 観光の際には必ずチェック!歴史がそのまま残る風景

◆常夜燈
じょうやとう: 灯台と同じような役割
鞆の浦 常夜燈

◆雁木
がんぎ: 海にせりだした石組みの階段
鞆の浦 雁木

◆波止
はと: 堤防や漁港
鞆の浦 波止

◆船番所跡
奉行が船の出入りの監視や難破船発見の為に立てられたもの
鞆の浦 船番所
photo by 鳶眼さん 船番所/遠見番所

◆焚場跡
たでば: 船底を焼いて乾燥させ、船命を長持ちさせる場所
鞆の浦 焚場跡
photo by きんちゃん - 焚場跡

これら港湾施設がすべて5点揃っているのは、日本では鞆の浦しかないんだそうです。そして、町並みにも江戸時代の景観が残っています。

江戸時代の風景が残る、鞆の浦

天気のいい日に、ゆっくりとぶらり散歩がしたくなる風景ですね。

しかし、この港に一時は埋め立てや架橋問題などもありました。貴重な風景だけに、これからもこのまま残して欲しいものです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP