西島秀俊 主演ドラマ「流星ワゴン」、ロケ地に福山市鞆の浦も

2015年1月18日スタートのTBS系列で放送される日曜ドラマ、『流星ワゴン』のロケ地に広島県福山市が登場します。キャストは、西島秀俊、香川照之、井川遥、倍賞美津子、吉岡秀隆ほか。あらすじは以下

2015年1月18日スタートのTBS系列で放送される日曜ドラマ『流星ワゴン』で、ロケ地として広島県福山市が登場します。

流星ワゴンは、直木賞作家・重松清のベストセラー小説をドラマ化したもので、主演 西島秀俊で描かれる とある男の後悔の人生をやり直すためのストーリー。

西島秀俊 主演ドラマ「流星ワゴン」、ロケ地に福山市鞆の浦も
photo by 流星ワゴン 公式サイト

その主なロケ地として、瀬戸内海の風景が沢山登場する予定となっています。現在までにロケが行われている場所には兵庫県、香川県、広島県などがあり、広島では福山市鞆の浦(とものうら)が主なロケ地して登場する予定となっています。

キャストは、西島秀俊、香川照之、井川遥、倍賞美津子、吉岡秀隆ほか。

ads

流星ワゴン、あらすじ

ドラマ「流星ワゴン」のあらすじ・ストーリーは以下。

会社からはリストラ宣告され、妻の美代子(井川遥)から離婚を切り出され、息子・広樹(横山幸汰)は家庭内暴力が止まらない・・・。自分は一体、どこで間違えたのだろう…そんな状況を抱える男・永田一雄(西島秀俊)。彼の父は末期がんだが、父親とも確執があり、最後まで向き合えないままだった。

そんな一雄(西島秀俊)の目の前に、突如ワインカラーのワゴンが現れる。その運転席には、5年前に亡くなっているはずの橋本義明(吉岡秀隆)とその息子高木星来)が乗っていた。

この2人に導かれるまま共にワゴンに乗った一雄(西島秀俊)は、過去の大切な場所を巡っていくうちに、妻(井川遥)や息子(横山幸汰)とうまくいかなくなったきっかけを知ることになる。人生の再生と家族の愛の物語。

流星ワゴンの公式ツイッターでは、ロケ地となった福山市での様子を以下の様に公開されています。




流星ワゴンのドラマに登場する福山市のロケ地には、鞆の浦福山駅みろくの里など。

切なくて感動するストーリーに、豪華キャスト。さらに福山市でのロケシーン多数と、楽しみが沢山!日曜劇場『流星ワゴン』は2015年1月18日スタートで、毎週日曜よる9時から放送です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP