「朋輩じゃあ!」流星ワゴン1話で登場した鞆の浦ロケ地と、広島弁が愛しいチュウさん

TBS系列で日曜日の夜9時から放送中のドラマ、流星ワゴンの第一話で登場した福山市鞆の浦(とものうら)のロケ地をご紹介します

2015年1月18日に放送開始となったTBSドラマ 流星ワゴン。福山駅や鞆の浦がロケ地になっており、第一話から鞆の浦でのエピソードや風景がたっぷり放送されました。

鞆の浦(とものうら)の景色の美しさに、うっとり感動した方も多いのではないでしょうか。福山市鞆の浦は 西島秀俊さん演じる主人公・一雄の故郷。

「朋輩じゃあ!」流星ワゴンで広島弁バリバリ・鞆の浦の風景たっぷり
流星ワゴンの劇中にたくさん出てくる、鞆の浦の路地

「主人公が育った町」という設定のため、鞆の浦の常夜灯や町並み、港の風景、みろくの里…と、たくさん 福山の様子が映し出されました。

また、広島弁で荒くれ親父を熱演中の、香川照之さん演じるチュウさんのキャラクターがとても愛おしくて、気が付けばドラマのストーリーに夢中になっています。

ads

流星ワゴンに登場する、福山・鞆の浦(とものうら)の風景

チュウさん(香川照之)が、鞆の浦で立ち上げた金融会社(蔵と黄色のビルの間)

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景

一雄(西島秀俊)が子供の頃「黒ひげ危機一発」で仲間外れにされた港の雁木(がんぎ)

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景 雁木

家出をした子供の頃の一雄が隠れていた常夜灯

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景 常夜灯

家出をした一雄を走り回って探す母が、一雄が見つかったと知らせを受けた路地

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景 路地

一雄が保護された交番(実際は喫茶店として使われています)

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景 交番

チュウさん(香川照之)が一雄の為に「黒ひげ危機一髪」を探し回って立ち寄ったおもちゃ屋・おもちゃの真島(実際は、少昔懐雑貨 けすくせ宇田さん)

流星ワゴンロケ地、福山・鞆の浦の風景 おもちゃ屋
photo / けすくせ宇田

そして、現在のチュウさんが入院している福山総合病院(外観)と、その病院前の浜辺は、鞆の浦ではなく岡山県

病院として外観をロケに使用されたのは、岡山県玉野市にあるダイヤモンド瀬戸内マリンホテルで、一雄が眺めていた海辺は渋川海岸でした。

ちなみに、病院内部は神奈川県横須賀市にあるパシフィックホスピタルという病院でロケが行われました。そのため、病室の窓越しに見えていた海の景色は横須賀の野比海岸。1カ所の設定でも、あちこちで撮影されているのですね。

また第2話では、ストーリーの1つのポイントになるシーンに福山銀行として鞆の浦の信用金庫がロケ地として使用されました。

このほか、流星ワゴン 第2話に登場したロケ地第6話に登場したロケ地はこちらから。

チュウさん(香川照之)の自然な広島弁がイイ

ドラマ 流星ワゴンでは鞆の浦の風景が映し出されるほか、広島人としてテンションが上がるのが、チュウさんのバリバリの広島弁。

「なんでそんな不細工なことになったんじゃぁ!?」
「わしら朋輩じゃけぇ!」
「ワシの息子を助けてつかぁさい!」

と、香川照之さん(チュウさん)が繰り出すセリフは心に残ります。荒々しくも人情味あふれるチュウさんの言葉や行動が、「一雄の未来を変えることができるのか?」というこのドラマの鍵を握っているような気がします。

福山・鞆の浦では2015年1月にロケが行われたそうですが、今後もロケがあるとも言われています。ウルヴァリンに引き続き頻繁にロケ地として使われる鞆の浦。今後は当分「流星ワゴンフィーバー」がつづきそうです。

第二話の放送は1月25日(日)。第一話を見逃したという方は、1月25日の14時から再放送が決定していますので、こちらを是非チェック。また、第1話でチュウさんが作ってくれるお好み焼きは、ローソンとコラボし発売中です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP