視覚トリックを体感するアート展、ふくやま美術館で

今から50~60年前に誕生していた、目の錯覚を利用した不思議なアート作品が展示される「視覚のトリック 光る?動く! キネティック・アート展」がふくやま美術館で開催される。

いくつものシマシマ模様が重なって動いているように見えたり、回転するものが右回りにも左まわりにも見えてくる不思議な作品。視覚トリックを楽しめるアート作品を展示する、

「視覚のトリック 光る?動く! キネティック・アート展」がふくやま美術館 にて開催されています。

視覚トリックを体感するアート展、ふくやま美術館で
Photo by city.fukuyama.hiroshima.jp(pdfファイル)

広島県内で過去に開催されてきた3Dアート展は比較的新しい作品が中心でしたが、今回ふくやま美術館で開催されている「キネティック・アート展」は今から50~60年前の昔の作品。

1960年代、イタリアを中心にヨーロッパで活躍した作家たちが生み出した「キネティック・アート(動く芸術・活動的アート)」ですが、今見て新鮮に感じるものが多い。

また、見るだけではなく 触ったりスイッチを押したりしながら、小さな子供も楽しめるイタリア発の体感型のアート展(日本初公開)となっています。

展示品の写真撮影もOKとのことで、お土産話にも花が咲きそうです。

視覚のトリック 光る?動く! キネティック・アート展
開催日 2015年4月11日~6月14日まで
場所 広島県福山市西町2丁目4番3号 ふくやま美術館
時間 9時30分から17時
料金 一般1000円(前売り800円)、高校生以下は無料
休館日 月曜日(5月4日・7日は開館)

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP