アイネスフクヤマに、中四国最大級のプロジェクションマッピング

福山駅前のにぎわい創出のため、アイネスフクヤマの地下1階通路にて2016年5月14日からプロジェクションマッピングの投影がスタートします。季節によってストーリーが変わる常設展示。

JR福山駅前にある複合ビル・アイネスフクヤマ(広島県福山市東桜町1-1)の地下通路にて、プロジェクションマッピングが2016年5月14日からスタートします。

アイネスフクヤマに、中四国最大級のプロジェクションマッピング
※画像は体験型プロジェクションマッピングの一場面

福山最大のお祭りである「福山バラ祭り」にあわせて登場するこのプロジェクションマッピングは、福山駅前の賑わいを創出しようと始められるもの。

アイネスフクヤマの地下1階通路壁面を32mのスクリーンに見立て、8台のプロジェクターを用いて投影。春夏秋冬、季節ごとに違うテーマでプロジェクションマッピングを行う。

プロジェクションマッピングの規模としては、常設では中四国最大級となります。映像は1回3分ほどで、1時間に4~5回程度流れる予定。

ads

プロジェクションマッピング第一弾は「ローズマインドファンタジー」

2016年5月14日~6月末までは「ローズマインドファンタジー」と題し、福山市のキャラクター「ローラちゃん」が100万本のバラの楽園でローズマインドを集めてバラを咲かせる…というファンタジーの世界を表現するとのこと。

アイネスフクヤマ プロジェクションマッピング イメージ図

また2016年5月22日には、人の動きに合わせて映像が反応する新しい「体験型プロジェクションマッピング」の無料イベントの開催が予定されています。

内容は簡単なゲームとなっており、12時~/14時~/16時~の3回実施。人数制限はなく、各回終了時間まで先着順に案内されるとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP